最近話題!これから流行そうなスイーツ・パンビーってどんな味?

2017/12/13
内藤 みか
オレンジページ 2017年11/2号
Fujisan.co.jpより

 

これから流行りそうなスイーツをいちはやくオレンジページが特集しました。フランス発のパンケーキのような、カスタードを挟んだ焼きケーキです。見かけは大きなパンのようにも見えますが、カスタードを挟んでいるということは甘いはず。気になったので、実際に食べてみました。

 

期待できそうなフランスの味

 

このスイーツ、フランスでは以前より親しまれている、家庭で手軽に作れるケーキだそうです。フランスで食べられているものは、おしゃれで美味しいですよね。私は先日、フランス人が飲むノンカフェインドリンク「チコリコーヒー」を飲んでみました。チコリの実を炒ったもので、コーヒーに近い味わいです。これをたっぷりのホットミルクで溶かして味わうと優しいカフェオレのようでほっこりできました。

 

そんなフランスのスイーツ・パンビー。名前の由来はやはり見かけがパン・ド・カンパーニュ(フランスの田舎パン)に似ているからだそうです。丸くて大きくて、パンの上部に格子柄のようなものが入った茶色いパン、確かにあのパンによく似た見かけをパンビーはしています。

 

都内にもほとんどない

 

オレンジページにはレシピも載っていましたが、まずはプロが作った味を試してからにしようと思い、都内でパンビーが食べられるカフェを探してみたところ、数軒ほどしか見当たらなくて、驚きでした。しかも提供は不定期のお店もあり、簡単にはありつけそうにありません。東京ですらまだパンビーは広まってはいないようです。

 

それでもなんとかその日にちょうどパンビーを提供しているカフェがあったので、行ってきました。出てきたパンビーを一口食べた感想は「ケーキになったシュークリーム!」でした。サクサクふわふわのパン風の皮の中にとろとろのクリームが挟まっていて、まさにとろけるような美味しさでした。パンケーキ風かなとも予想していたのですが、そこまでの厚みではなかったです。

 

フライパンで焼けちゃう

 

こんな美味しいスイーツがフライパンだけで焼けちゃうなんて、ありがたいことです。しかも生地は卵、グラニュー糖、薄力粉、コーンスターチだけで手軽に作れます。中に入れるのはカスタードクリームだけでなく、キャラメルクリームなど、いろいろなアレンジもできそうだし、フルーツを挟むのもいいかもしれません。

 

過去にもタピオカやクリームブリュレなど、マスコミに紹介されることで人気が出たスイーツはたくさんあります。このパンビーも、口当たりが新しくて、リピートしたくなる優しい味です。もしかしたらあっという間に火がつくかもしれませんね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

内藤 みか
この記事を書いた人

内藤 みか

作家/脚本家/イケメン評論家。著書80冊以上。ケータイ小説時代から電子書籍の自著も多数。脚本担当のラジオドラマ『婚活バスは、ふるさとへ』(YBS)が文化庁芸術祭優秀賞&日本民間放送連盟賞優秀賞。 ツイッター https://twitter.com/micanaitoh ブログ https://plaza.rakuten.co.jp/micanaitoh/

内藤 みかが書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop