新川優愛のキャバクラ嬢姿、観ないという選択肢はないドラマ

2019/04/26
石井隼人

ベストセラー作家・薬丸岳氏による傑作ミステリー小説をWOWOWで連続ドラマ化した「連続ドラマW 悪党~加害者追跡調査~」が、5月12日(午後10:0)からスタート!。25日には第1話完成披露試写会が行われ、主演の東出昌大、共演の松重豊、新川優愛、青柳翔、瀬々敬久監督が参加したゾ。

被害者家族で元刑事の探偵・佐伯修一役の東出は「とにかく重かった。このドラマやばいんです!現場も和気あいあいとはいかず『打ち上げで…』というくらい集中した現場。ほとんど私語がなかった」とシリアス報告。連続ドラマ初主演となるが「全6話を登山に例えるならば、6,000メートル級の山。準備をしっかりやらなければ登れないけれど、共演者の方々が下から支えてくれたからこそ、登頂することができた。皆の力を借りながら登って行った感がある」とキャスト陣に感謝。

修一に協力するはるか役の新川は「キャバ嬢として出てきてヘラヘラするシーンもあるけれど、台本を読んでいくうちにはるかの過去も出てきて、色々なものを抱えている子だと思った」と紹介。東出との共演には「たくさん助けてもらいました。この作品の話はもちろんのこと、役者業の相談にも乗ってもらったり、頼りになる方」と信頼しきり。その言葉に東出は「共感するふり、わかったふりをしてモノを言っていただけです」と照れていた。

またドラマの内容にちなんで「探偵に依頼したいこと」を聞かれた一同。瀬々監督は「自分がいつ死ぬか教えてほしい。そうすれば人生の予定を立てられる」と笑わせ、青柳は「この現場の記録さんに探偵をつけたい。そうすれば監督が自分たちの演技にどんなことを言っているか判断がつくから」とニヤリ。新川は「一人暮らしのおばあちゃんが元気にお友達と楽しく生活をしているか調べてほしい」とほっこりだった。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

石井隼人
この記事を書いた人

石井隼人

映画好きエンタメ系フリーライター。「来るもの拒まず平身低頭崖っぷち」を座右の銘に、映画・音楽・芸能・テレビ番組などジャンル選ばず取材の日々。ありがたいことに映画作品のパンフレット執筆、オフィシャルライター&カメラマンを拝命されたり、舞台挨拶の司会をしたり…何でもやります!

石井隼人が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop