一目ぼれすると、時空は歪み、スローモーションとなり、周囲はピンク色となる

2019/03/04
石井隼人

憧れの人に出会って時空が歪んで一目惚れを実感した奴ってのは、どこのどいつだあ~い?高橋メアリージュンだよっ!

 

それは3日に都内で行われたWOWOW「連続ドラマW 東野圭吾『ダイイング・アイ』」(3月16日午後10:00スタート)の第1話完成披露試写会でのことだ!三浦春馬、高橋メアリージュン、松本まりからが参加したゾイ!

作家・東野圭吾による、発行部数100万部超の同名ハードサスペンスが原作。交通事故が生み出す無責任の拡大をテーマに、保身と贖罪のはざまに揺れる人々の心の弱さを鋭く描く。

三浦を大胆に誘惑し翻弄する謎の女・瑠璃子&交通事故で命を絶たれた女性・岸中美菜絵の2役を演じる高橋は「別の人間を演じるというシンプルなものでしたが、こだわったのは目。蛇に成り切りました」と役作りを明かし「それぞれ衣装もメイクも違うので、作っていただく段階で自分の中でのスイッチの切り替えができた」と手応え十分。

ドラマの内容にちなんで「忘れたくない記憶」を聞かれた高橋は「大好きなヒュー・ジャックマンの記者会見に潜入したとき。本人が現れたときに、その空間がスローモーションになってピンク色に囲まれているように見えた。自分の心臓の音も聞こえてきて、本当にこうなるんだ!と驚いた。一目惚れってコレかと思った」。嬉し恥ずかしドッギマギ時空歪み惚れ惚れだったそうな。

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

石井隼人
この記事を書いた人

石井隼人

映画好きエンタメ系フリーライター。「来るもの拒まず平身低頭崖っぷち」を座右の銘に、映画・音楽・芸能・テレビ番組などジャンル選ばず取材の日々。ありがたいことに映画作品のパンフレット執筆、オフィシャルライター&カメラマンを拝命されたり、舞台挨拶の司会をしたり…何でもやります!

石井隼人が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop