大人の趣味にぴったり!この夏にスキューバダイビングライセンスの取得はいかが?

2018/07/20
森さき

今年も夏がやってきましたね。夏と言えば海!普通に入るのもいいですが、今回はこの季節におすすめのマリンスポーツをご紹介します。それはスキューバダイビングです!

なんだ普通じゃん。と思われた方もいると思いますが、ダイビングはダイビングでもスキューバダイビングのライセンスについてまとめていきます。冬も楽しめるダイビングですが、ライセンスを取るなら海が暖かいうちが断然おすすめ。この夏何かを始めたい方もご参考までにどうぞ。

スキューバダイビングの魅力

たくさんの魚たちを間近に見たり一緒に泳いだり、沈没船や洞窟のスポット巡りなどダイビングの楽しみ方はたくさんあります。遠くまではっきり見渡せるような透明な海も、青が深く濃い海もどちらも幻想的です。普段の喧騒から離れた中で、何も考えずに浮遊する感覚は何ともいえません。

私は水深の深いポイントで眼下に果てしなく続いていく岩肌を見ると、地球の隠された一部を覗いたような気がして鳥肌が立ちます。荘厳な景色を全身で感じるその瞬間が大好きです。

ライセンスを持つと何がいいの?

ダイビングは海外も含め様々な所で、ライセンスがなくてもインストラクターと一緒に「体験ダイビング」ができます。それではわざわざライセンスを持つメリットは?簡単に言うと潜れるスポットと深さなのです。

私はNAUIという団体のライセンスを持っていますので、NAUI基準のライセンス別の水深を説明します。

・体験ダイビング…最大水深12m

・スクーバダイバー…最大水深18m

・アドヴァンス・スクーバダイバー…最大水深30m

ライセンスによってこれだけの水深の差があり潜れるスポットも変わるので、目にする魚の種類や景色、体感もかなり違ってきます。私はスクーバダイバーを取った瞬間にもっと深く!もっと色々見たい!と思い、すぐに一つ上のアドヴァンスの取得を決意しました。

ライセンスの指導団体の違い

ダイビングのライセンスを発行している団体はいくつかあります。先ほども記述したNAUI、他にはPADI、SSIという団体が有名でよく比較されています。ごく簡単にそれぞれの特徴をご紹介します。

・NAUI…最古の歴史あるダイビング指導団体。

公式HP(https://www.naui.co.jp/) 

・PADI…国内外で最も普及している指導団体。

公式HP(https://www.padi.co.jp/)

・SSI…国際基準に合致した高品質な講習カリキュラムが特徴。

公式HP(https://www.divessi.com/ja/home)

指導団体はいくつかありますが、NAUIのライセンスの人はPADIの加盟店では潜れないということはあまりないのでご安心を。それぞれの団体の特徴をしっかりと踏まえたうえで、どこのライセンスを取るかを決めてくださいね。

団体を決めたら受講するショップを決める!

それぞれの指導団体に加盟しているショップが全国にはたくさんあります。加盟店によっても指導内容に差があり、どこで受講するかも重要になります。

最短日数で取得するところもあれば何日もかけて丁寧に教えてくれるところ、楽しさを重要視するところもあれば厳しく指導するところ…。自分が何を求めているか、自分の性格には何が合っているのか、ショップについても納得したうえで決めましょう。

またショップによって金額も様々です。なかにはクーポン発行をしているところもあるのでお得に受講できる場合もあります。私はクーポンを使って2万円で最初のライセンスを取得しました。

旅行と組み合わせてライセンス取得もおすすめ!

初級のライセンスは3日ほどで取得することが可能です。休日を利用して小分けに受講するのもいいですが、せっかくだからキレイな海で講習を受けたい!一気に取得してしまいたい!という人は「ライセンス取得ツアー」がおすすめです!

那覇や宮古島、フィリピンやグアムなどたくさんのリゾート地のツアーがあります。交通費や宿泊費用も含めて、時期にもよりますが国内はなんと4万円代から。例えば都内のショップでライセンスを取ろうとしても同じくらいの料金、またはそれ以上かかるところもあります。海外のツアーも10万円前後からあるので、普通の旅行とさほど料金が変わらないのでお得に感じますよね。

取得した後は?

ライセンスを保持している人のダイビングはファンダイビングといいます。「潜りたい場所+ファンダイビング」で調べると、たくさんのショップのHPが出てきます。料金やサービスを確認して自分に合うショップを決めましょう。場所にもよりますが、都内から送迎付きで1万5千円~2万5千円をみておくと、熱海や伊豆など日帰り可能な名スポットで潜ることが可能ですよ。

 

いかがでしたでしょうか。ライセンスを取ることによって、次は○○魚を見たいから△△島に行こうかなぁ…なんて、旅行の幅も広がります。新しい趣味や仲間を見つけたい方、思い切って挑戦してみては?

この記事が気に入ったらいいね!しよう

森さき
この記事を書いた人

森さき

都内在住のライター。ワインが大好きでワインエキスパートを取得。趣味が高じてタロット占い師としても活動する。ワイン&チーズ、スキューバダイビング、音楽フェス、おじさんの生態観察が趣味。

森さきが書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop