天然美人・波瑠が天然コメントで会場を平和な笑いで緩やかに満たした出来事

2018/10/16
石井隼人

その天然、俺っちにくれないかい?そんなことを言いたくなる、今日の波瑠さんです。 

それは16日に都内で行われた、遊園地を舞台にしたお仕事エンターテインメント映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』(10月26日全国公開)女性限定・公開直前イベントでのこと。主演の波瑠、共演の西島秀俊、波多野貴文監督が参加したぞい。

人気作家・小森陽一による小説「オズの世界」を実写映画化。遊園地の知られざる裏側と、不慣れな地で奮闘する新米社員の姿をチャーミングに描く。

奇しくも10月16日は、従業員たちが職場の上司を称え、感謝の気持ちを表す“ボスの日”。信頼してついて行ける上司のイメージにぴたりとして、なんと西島が「理想の上司」イメージNo.1俳優に選ばれたという。

選出に深々とお辞儀をした西島の横で波瑠は「納得です!とても」と深く頷いて「現場での大らかな佇まいは観覧車のよう。見守ってくれているという意味を込めて、西島さんは観覧車です」と映画の舞台である遊園地にかけて例えた。

しかしやや無理やりすぎる比喩に西島から「例えがわからないよ!自信満々に言っているけれど、観客の皆さんもノッていないよ?」と指摘を受けた波瑠だったが「え?めっちゃひらめきですよ!もう一度言いますか?西島さんが観覧車というのは、重要な存在という意味です」と強引に自己完結。きゃわうぃい天然な一面を見せてくれたゾな。

また「先輩からの名言」について聞かれた波瑠は「お兄さん的先輩俳優が『40歳までは下積み』とふと言っていた言葉が印象的。大人になっても学ぶ姿勢を忘れず、撮影現場にい続けるのは素晴らしい考え方だと思いました」と先輩俳優の背中にウットリ。ワシモオニイサントヨバレタヒ。

最後に主演の波瑠は「一人の女性として映画を観て元気をもらいました。楽しく仕事をするのは大切なこと。そういう人たちが自分の周りにはいるから、笑顔になれる現場が多いんだと気付かされた。仕事も恋愛も頑張るすべての女性に観てほしい映画です」と大胆アピールだったじょお。

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

石井隼人
この記事を書いた人

石井隼人

映画好きエンタメ系フリーライター。「来るもの拒まず平身低頭崖っぷち」を座右の銘に、映画・音楽・芸能・テレビ番組などジャンル選ばず取材の日々。ありがたいことに映画作品のパンフレット執筆、オフィシャルライター&カメラマンを拝命されたり、舞台挨拶の司会をしたり…何でもやります!

石井隼人が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop