打倒コロナ!波瑠と成田凌が早期終息を願う「今は大きい声で『映画館に行って!』と言えない」

2020/03/03
石井隼人

女優の波瑠と俳優の成田凌が3日、“縁結び”で有名な東京大神宮で映画『弥生、三月 -君を愛した 30 年-』(3月20日公開)の大ヒット祈願イベントを行ったゾ!

新型コロナウイルスの影響で、イベントなどの中止・自粛が目立つ!これに波瑠は「コロナウイルスの影響でイベントなどが自粛したり、残念なことが多いので、早く終息してほしい。今は大きい声で『映画館に行って!』と言えないのが残念。皆さんになんの心配もなく映画館に足を運んでもらって、作品を観てもらえるようになってほしい」と神妙な面持ち。

成田も「母親から『予告の時点でメチャメチャ観たい』という嬉しい連絡をもらいました。周りからも楽しみにしていると言われて嬉しいけれど、大きな声で『映画館に行って!』と言えないのが残念」とコロナ憎しの心境で「何か別の機会でお会いすることができれば。映画を観てくれた方々に直接感謝を伝える機会を作れたら」と一日も早い終息を願っていたゾ。

連続ドラマ『過保護のカホコ』『同期のサクラ』で知られる脚本家・遊川和彦氏による長編映画監督作第2弾。30年に及ぶ男女の月日を、3月だけで紡いでいくラブストーリー。

映画の舞台にちなんで、3月の思い出を聞かれた波瑠は「もう10年以上前のことになりますが、事務所に入るきっかけになったオーディションが3月にあったし、朝ドラのオーディションも3月にあって、それが決まって4月、5月と生活が変わっていきました」と3月は人生の転機としてインプット。新学期は4月だが「私は3月に生活や環境が変わるきっかけが多くて、思い出が色々とある。3月は物事が大きく変化してきた月です」とMarch LOVEだった。

一方の成田は「今の時期は卒業式があるけれど、僕自身は高校の卒業式が終わった後に3人だけで卒業式をもう一回やった思い出があります」と学生時代を思い出し「卒業式がしんみりとしていたので、ふざけているのをやろうと思って、友達と3人で体育館を走り回って、3人で校長役とか本人役をやったり、かなり思い出深い」と懐かしんでいたゾ!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

石井隼人
この記事を書いた人

石井隼人

映画好きエンタメ系フリーライター。「来るもの拒まず平身低頭崖っぷち」を座右の銘に、映画・音楽・芸能・テレビ番組などジャンル選ばず取材の日々。ありがたいことに映画作品のパンフレット執筆、オフィシャルライター&カメラマンを拝命されたり、舞台挨拶の司会をしたり…何でもやります!

石井隼人が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop