波瑠の迷いこんだ遊園地には、魔法使いの西島秀俊がいた!映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』

2018/10/30
マガジンサミット 儀保

不本意にも遊園地で働く事になった主人公が、社会人として成長していく映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』が現在公開中。

原作は、「海猿」や「S 最後の警官」の小森陽一の小説「オズの世界」。今までの重厚な世界観から一転。ハートフルな作風に仕上がっています。なんと原作を書くときから、「主人公のイメージは波瑠さん」だったとの事!

初タッグの波瑠&西島秀俊

そんな本作は、波瑠と西島秀俊の初共演作品でもあります。

ヒロイン役・波瑠の役どころは、彼氏と同じ超一流ホテルチェーンに就職するものの、地方の遊園地へ配属になる新卒社員。彼氏と離ればなれに憂鬱な仕事の日々…そんな中、「各支社で目覚しい成果を上げたMVP社員は、好きな部署への異動希望を出せる」と知り、MVP社員を目指して、企画を出しまくります!

コミカル演技合戦

しかし、見た目は軽くてノーテンキに見える上司には、全く相手にされません。この上司役を演じるのが、西島秀俊。これまでに数々の企画を成功させ、"魔法使い"の異名を持つ小塚さん役で。

今まで、『MOZU』シリーズや『クリーピー 偽りの隣人』など、ハードボイルドな役が多かったですが、本作では、ユーモラスなコミカル芝居が炸裂!波瑠との息の合った漫才のようなヤリトリが笑えます。まさに、コミカル演技合戦の開幕です。

脇を固める豪華キャスト

さらに、同期社員役の岡山天音、遊園地の広報課長役の深水元基、お喋りな販売スタッフ役の濱田マリ、年下の先輩社員役の橋本愛、とぼけた園長役の柄本明と個性的すぎるメンバーが集合。脚本を担当するのは、『ヒロイン失格』や『センセイ君主』など、暴走系ヒロインを作ってきた吉田恵里香。

本作のメガホンをとったのは、数々のテレビドラマや『SP』の劇場版2部作など、ハードボイルド系作品を手がけてきた波多野貴文監督。

本来、作風の異なる2人の共同作業が、舞台は田舎の遊園地なのに、やたらとスケール感のデカい作品へ結実!!圧倒的なクライマックスへなだれ込みます!


(C)2018 Twentieth Century Fox

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マガジンサミット 儀保
この記事を書いた人

マガジンサミット 儀保

表の顔はディレクター兼カメラマン。実は、年間700本の映画を観賞する映画好き。どんな作品でもオススメのポイントをピックアップ。映画好きから、普段、あまり映画を見ない方にも、幅広い映画の楽しみポイントをご提供できればと日々邁進中? 映画関連tweetも日々、更新してます @yungibo

マガジンサミット 儀保が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop