おかしいな?と思ったその商品調べてみては?企業のリコールは1日●件もある事実!

2016/10/19
放送作家 石原ヒサトシ

韓国・サムスン電子のスマートフォン、ギャラクシーノート7が発火・爆発の恐れがあるとして生産・販売が中止となりました。9月2日にリコールを発表後、不具合部品を交換しても改善されなかったためです。

 

こういったリコールのニュース。車や電化製品の部品の不具合、食品に不純物が混ざったとか、テレビや新聞で時々聞きますよね?

 

ここでクイズです。

 

「今年9月、企業からのリコールの発表は、日本国内でいったい何件報告されたでしょうか?」

 

 

答えは、約235件

 

1日に約8件。結構多いと思いませんか? 新商品が沢山発売される季節の変わり目などは、1日10件以上のリコールが発表されるなんてこともよくあります。「そんなに聞かないよ」と言う人もいるでしょう。実は、大企業や人気商品は大きく報道されますが、取り上げられないだけで沢山有るんです。

 

よく考えれば、全国には大企業から中小企業まで山ほどあるわけで、小さな会社の小さな商品でも、消費者に不具合があるとわかればリコール対象となります。そう考えれば1日10件程あってもおかしくないのかもしれません。

 

リコールで多いケースは?

・食品にカビなどの不純物が混入

・食品パッケージラベルに誤表示

・電化製品の部品に不具合

・車、バイクの部品に不具合

・日常用品の部品に不具合

まあ、言わずもがなかもしれませんけど。

 

ただ、リコールの多くは「消費者に害を及ぼす“可能性がある”」。つまり報告を受けて、危険性が0%とは言い切れないことが確認されると発生するケースが多いようです。

 

とはいえ、“危険の個人差”もあるわけで、例えば食品パッケージのラベル誤表示の中には、「小麦アレルギー表示の欠落」といった、人によっては大変な事態になり得ることも。

 

リコールを知らなくて被害に遭った場合は?

この記事が気に入ったらいいね!しよう

放送作家 石原ヒサトシ
この記事を書いた人

放送作家 石原ヒサトシ

放送作家 「クイズ雑学王」、「ボキャブラ天国」等 バラエティを中心にイロイロやってきました。なんか面白いことないかなぁ~と思いながら日々過ごしています。野球、阪神、競馬、ももクロ、チヌ釣り、家電、クイズ・雑学、料理、酒、神社・仏閣、オカルトなことがスキです。

放送作家 石原ヒサトシが書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop