最強コスパ!常識を覆す定額制セルフエステスタジオ『BODY ARCHI』で納得ゆくまで肉を揉んできた

2018/11/15
マガジンサミット編集部

2018年11月15日、東京・表参道に“美と健康”の革命的なスポットが誕生します。その名も、定額制セルフエステスタジオ『BODY ARCHI(ボディアーキ)』1号店。最先端マシンを使いセルフボディメイクができる全室個室を完備したエステスタジオです。

先日、グランドオープンを前にメディア説明会が開催され編集部もお邪魔してきました。(自宅用のエステ器具を使うのと変わらないじゃん?)と思ったあなた!ち・が・い・ま・す。どのように違うのか…体験してきましたよ!

写真)ピンクとグレーを基調にした女性らしい受付。

BODY ARCHIとは?

自分のペースで自由に通うことのできる新しいカタチのエステ『BODY ARCHI』は、”Body”と設計者や建築家といった意味を持つ”Architect”の略名で「なりたいラインに、私が私をデザインする」がコンセプト。

導入しているマシン「フォースカッターBODY ARCHI オリジナルモデル」は、高級エステサロンにおいて、一般的な価格相場が1回2~3万円という高級なもの。1台4役(ラジオ派/EMS吸引/ポレーション/LED)を搭載しており、むくみ・冷え・個太り・美肌と女性の悩みに幅広く対応します。

写真)BODY ARCHI 表参道店の店長手塚さん。

写真)「BODY ARCHI インストラクターによるフォースカッターのデモンストレーション」。個人で購入しようと思ったならば、かなりのお値段とメンテナンスが必要そうです。

写真)ボディだけでなくフェイシャルも!美肌成分を奥まで届ける「ポレーション」を使用中

月額10,000円(45分/1回)~の定額制で何度でも通えます、「今日は顔、明日はお腹まわり」…と毎日通っても大丈夫。通えば通うほどお得です。さらに、セルフとはいえ専属インストラクターが常駐しており、困ったことがあればすぐ相談できるのも嬉しいですね。

予約は、専用アプリ「BODY ARCHI」で取ることが可能。当日の空き状況をリアルタイムで確認ができるので、忙しい女性にとってスキマ時間を有効活用したボディメイクが可能なのです。

LET'S!BODY ARCHI体験!

表参道から1本入った、アパレルスタジオなどが並ぶ閑静な住宅地にスタジオはあります。雑誌『Oggi』で活躍するモデル、矢野未希子さんの看板が目印です。

受付けをすませ、個室に入ったら着替え。ウェアはスタジオが用意してくれるので手ぶらで通えますよ。

写真)室内では全身がうつる鏡と向き合うため、己のカラダをじっくりと観察できます。

写真)「部位別マシン使用動画」「悩み別動画」「マシンのテクニック紹介動画」「美ライン成功体験動画」など各5分のプログラムがあり、自由に選び再生可能。

写真)スタジオそなえつけの専用美容ジェル

使い方を分かりやすく説明してくれるタブレット端末を見ながら、専用ジェルとエステマシンを使い、広範囲から気になる部位までを集中的にケア。満足するまで自身の身体とじっくり向き合いことができるプログラムは、まるで“エステ”と“ジム”を共存させたような新感覚です。

写真)動画のガイダンスにしたがい、ポチッ!

写真)温熱作用のある「モノポーラ」(ラジオ派)で脂肪の奥まで温めます。(内覧会のため、インストラクターさんの手をお借りしています)

写真)手にもっているのは「EMS+吸引」。電気刺激と特殊ヘッドが吸引。セルライトを揉み、理想ボディを目指します。

日頃の不摂生がたたり、セルライトが多めの筆者は、「EMS+吸引」(写真)にハンパなく吸い付かれてウエストにある“肉”を揉みまくられることに

その甲斐があってか、お腹まわりがホカホカと温かくなり、なかなか冷めることがありません。個人的には『BODY ARCHI』で気になる部分をケアした後に、ランニングやウォーキングなどのエクササイズをすると脂肪燃焼に効果的なのではないかと感じました。

写真)こちらは「マルチポーラ」(ラジオ派)。3極以上の電極で浅い層、深い層にアプローチ。

気になる部分を自身で徹底的にケアできるので満足度が違います。はじめは動画ガイダンスやインストラクターさんの説明や指示にしたがって、慣れてきたら、音楽聞いたり動画を見たりしながらプライベートな時間を満喫。

女性に嬉しい美容成分「シリカ」が豊富に含むBODY ARCHI WATER(ボディアーキウォーター)など、オリジナルグッズの販売もしており、エステ以外に普段から美と健康をケアできます。気になるあの女性が美しくなったら、それは『BODY ARCHI』に通いはじめたのかも?

詳細は公式HP  https://bodyarchi.com/まで。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マガジンサミット編集部
この記事を書いた人

マガジンサミット編集部

編集部のTwitterアカウントはこちら 【マガサミ編集部Twitter】 【マガサミ矢嶋Twitter】 【マガサミ儀保Twitter】   編集部のYoutubeアカウントはこちら 【マガサミYoutube】

マガジンサミット編集部が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

pagetop