ランニングで顔が「老ける」?“ランナーズフェイス”防止策にこの一手

2017/11/07
naokiyama

 

ランニングって健康的なイメージありませんか。ただ最近、「ランニングが顔の老化につながる」なんていう噂もあり、ただやみくもに走っていればいいというわけではなさそう。久しぶりの同窓会で「老けたね」などと言われないためにも、どんなところに気をつければいいでしょうか。

 

普通の人より老け顔というランナーのおそろしい未来

 

「ランニング=老ける」というのは、重力が関係した考え方。地面を蹴ったとき、カラダには重力がかかりますが、そのとき顔にも同じように重力がかかります。顔の皮膚を下へと引っ張る力が積み重なった結果、数年後には立派な老け顔に……。普通の人よりもランナーのほうが老け顔になりやすいことから“ランナーズフェイス”と呼ばれ、口元やほほ、目の下などのたるみが加速化するといいます。

 

無防備な肌ほどダメージが大きい

老け顔をつくるのは重力に加え、紫外線の影響も……。とくに薄曇りの日は紫外線が強く、ランニング日和のときはUV対策をしていないと、走らない人以上にシミ、シワ、たるみを引き起こすといいます。そのため“ランナーズフェイス”対策には、UV対策が必須といえるのです。

 

筋トレで重力に負けない顔づくり

 

ランニングしたときの重力によって、どの程度のたるみが出るのかはわかりませんが、不安であれば、顔の筋力トレーニングはやっておいても損はないでしょう。顔には30種類以上の筋肉があり、下記のような“表情筋”を鍛えることで、皮膚がたるみにくくなります。

 

①「前頭筋(ぜんとうきん):眉をあげるための筋肉」

②「眼輪筋(がんりんきん):眼を閉じるための筋肉 」

③「頬筋(きょうきん):口角をあげるときに使う筋肉」

④「口輪筋(こうりんきん):唇の周りにある、表情を作る筋肉」

⑤「頤筋(おとがいきん):唇の下からあごに向かって伸び、顎をシャープにする筋肉」

 

表情筋の鍛え方は専門家や医師によってさまざまなアプローチがあり、詳しくは専門書や専門家を尋ねるのがいちばんです。鍛えておくことでマイナスにはならないため、断続的にトレーニングをすることがオススメです。

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

この記事を書いた人

naokiyama

元雑誌の編集担当。政治、経済等。

naokiyamaが書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop