遊びながら数字や言語が学べる! 「marbotic」の子供向けおもちゃが凄すぎる

2018/12/21
中森りほ

子供が生まれたら揃えるものっていっぱいありますが、その中でも欠かせないのが子供のためのおもちゃ。せっかくならただ遊ぶだけじゃなく、遊びながら学ぶこともできるおもちゃがいいな、そう思っている人も多いのではないでしょうか?

感覚的に学習できる「marbotic」の知育おもちゃ

そんな欲張りな願いを叶えてくれそうなのが、フランスのライフスタイルブランド「marbotic」(マルボティック)から2018年12月下旬より登場する、知育おもちゃ「スマートナンバーズ」、「スマートレター」、この二つがセットになった「スマートキット」の3タイプ。自律的で生涯学び続ける姿勢を持った人間を育てるという「モンテッソーリ教育」からインスパイアされたおもちゃで、遊びの中で子供たちが自ら発見し、飽きずに学んでいくようにプログラムされています。

遊んで基礎から数字を学べる「スマートナンバーズ」

「スマートナンバーズ」は、木製のブロックとタブレット上のアプリを使い、感覚的に楽しみながら基礎から数字を学べる知育教材です。

遊び方はとても簡単。10個の木製ブロックを、タブレットの画面にスタンプするようにタッチすると、タブレット側がそれぞれのブロックを判別し、専用のアプリと組み合わせて学ぶことができます。「10までの数え方」「100までの数え方」「足し算・引き算」など難易度が異なるため、対象年齢も2歳から8歳までと幅広く、親しみながら長期的に使用できます。

感覚的に言語が身につく「スマートレター」

「スマートレター」は、木製のブロックとタブレット上のアプリを使って、感覚的に楽しみながら英語やその他の言語に合わせて8言語の読み書きを学べる知育教材。子供たちは遊び感覚でアルファベットを学び、発音への意識や、大文字・小文字の識字力、語彙力を高めることができます。

遊び方は、26個の木製ブロックを、タブレットの画面にスタンプするようにタッチ。するとタブレット側がそれぞれのブロックを判別し、専用のアプリと組み合わせて言語を学ぶことができます。ちなみにアプリによって難易度が異なるため、2歳から7歳まで親しみながら長期的に使用できるというのも魅力。

どちらもかわいらしいデザインだけでなく、革新的な技術を用いた木製ブロックで、1度、無料のアプリをインストールしたら、そのあとの通信の必要はなし。繊細な子供の身体に、余計な電磁波の負担をかけず、素材は木・金属・伝導性プラスチックを使用し、電子装置やNFCを使用していません。

また、食品衛生法に沿った各種検査に合格していますので、小さな子供でも安心です。

おもちゃは日々子供が使うものだから、安心感があるこだわりのものを選びたいところ。子供へのプレゼント候補として検討してみてはいかがでしょうか?

<取り扱い店舗>

Apple Store・新宿高島屋・大阪高島屋・Moma Design Store 表参道・Moma Design Store 京都・Dadway

この記事が気に入ったらいいね!しよう

中森りほ
この記事を書いた人

中森りほ

高円寺在住フリーライター&編集者。早稲田大学文化構想学部を卒業後、女性向けウェブメディア、大手グルメ系ウェブメディアでの編集・ライター職を経て2017年4月フリーライター/編集者に。現在、『Hanako.tokyo』や『Dress』『Rettyグルメニュース』『SAKETIMES』『はたラボ』などのウェブメディアや企業のオウンドメディア、エリアガイド本『吉祥寺本』『OZmagazine』などの雑誌にてグルメや観光スポットの取材、識者・芸能人インタビューなどを行い記事を執筆中。好きなものは旅と街歩き、カレーと酒場。 ブログ:NAKARIHO BLOG

中森りほが書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop