練馬区としまえん発!元AKBと元スパガを含む美女4人が公開緊急会議なり

2019/04/18
石井隼人

それは4月17日に練馬区豊島園で行われた、都市伝説ホラー『映画 としまえん』の完成披露試写会でのこと。主演の北原里英、共演の小島藤子、浅川梨奈、松田るか、そして高橋浩監督が参加したゾ。

ホラー映画好きという北原は「ホラー映画は初めてで、しかも個人的にグループ卒業後初の主演映画ということで気合が入っています。皆さんにとっての“令和”初のホラー映画にしてほしい」とアピール。同じくホラー映画好きの小島も「台本を読んで『うわ!楽しそう!』と思った。展開も早くて、台本を読み進めるのも早かった」と喜色満面だった。

一方、ホラー映画は苦手という浅川は「好きな子がたくさんいる現場で、顔面偏差値が高い。そこだけを楽しみにしていた。完全におっさん目線」と眼福をモチベーションに。ただ『血まみれスケバンチェーンソーRED』に続いてのホラー映画出演で「ホラー映画は得意ではないのに、なぜか血を浴びる役が多くて…」と首をかしげて笑わせた。

松田は「としまえんを舞台にホラーをやって、集客が減ったらどうするの?大きな賭け」と心配も「としまえんが全面協力なので私も頑張らなければと思った」とやる気十分。さらに「特撮オタクは『ここはとしまえんで撮影!』『ここは東映撮影所で撮影!』となるかもしれない。マニアの方にはそういう楽しみ方もある。大きいお友達の観察力は凄いから」と一風変わった鑑賞法を勧めていた。

完成作品を浅川と小島の3人で観たという北原。ホラー映画好きというも「次に何があるのかわかっているのに、梨奈ちゃんに抱きつくくらい驚いた。キャー!キャー!しながら観ていた」と回想すると、浅川も「(北原は)ビビり過ぎて私の手をずっと握っていたくらい」と証言した。

一方、冷静に作品を観ていたという松田は何を思ったのか、上映前の観客を前に「オバケが×××」とストーリーの核心について口を滑らせる大失態。これにキャスト陣は「え?」「え?」の大パニックで、急遽松田を囲んで次のトークの展開に対する緊急会議を開催した。「あっちゃー!」な松田をよそに、浅川は客席に向かって「さっきのコメントの記憶は飛ばしてください!」と訴えていたゾ。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

石井隼人
この記事を書いた人

石井隼人

映画好きエンタメ系フリーライター。「来るもの拒まず平身低頭崖っぷち」を座右の銘に、映画・音楽・芸能・テレビ番組などジャンル選ばず取材の日々。ありがたいことに映画作品のパンフレット執筆、オフィシャルライター&カメラマンを拝命されたり、舞台挨拶の司会をしたり…何でもやります!

石井隼人が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop