朝ドラ女優・葵わかなと花火デートしたい人は読んで!オトシ方判明

2018/07/24
石井隼人

「わろてんか」朝ドラ女優の葵わかなとデートする方法がわかったゾ!

それは24日に淑徳巣鴨中学高等学校で行われたサプライズイベントでのこと。映画『青夏 きみに恋した30日』(8月1日公開)PRの一環で、葵わかなと佐野勇斗が終業式にサプライズ登場。JKたちは大絶叫のカオス状態だったゾ!

夏休みの思い出について葵は「高校1年生の時に佐野君と共演した作品で合唱部を演じたことがあって、役で部活をしているような夏の体験をしたことがある」と振り返り「夏休みがとれたら、海外旅行に行きたい」とニッコリ。胸キュンシーン満載の本作については「演技とはいえども図書室で突然に告白をするとか、凄く恥ずかしかった。撮影中はまさに青春でしたね」と頬を赤らめていたゾ!

さらに壇上では、男子生徒3人が葵を花火デートに誘うシチュエーションに挑戦!20歳の葵は「この人と一緒に行ったら楽しいだろうなという雰囲気を出してほしい」とコドモたちに優しく指南。それを受けて高校生3人は、それぞれ「弾ける花火を観るよりも君と弾けたい」、「あなたと同じような綺麗な花火を一緒に見たい」、「花火大会に一緒に行ってください!」と熱烈アプローチした。 

果たして葵のハートを射止めたのは誰だ!?それは「花火大会に一緒に行ってください!」とくるっと回転して跪くというノリのいい坊主高校1年生だった。葵は「それぞれに学年っぽさを感じた」としながら「その中でも彼が1年生ぽかった」と無邪気さを重要視。というわけで、葵のハートをゲットするのは“ノリの良さ”という事が判明したわけです。

最後に葵は「私は学生時代は家にずっといたので、思い出に残る夏休みを過ごしませんでした。なので、皆さんには外に出て夏を感じて遊んでほしいです」と先輩として助言し「受験勉強をしていた時は、同世代もみんな受験なんだと思って頑張れたので、受験勉強の方も私と同じように考えて頑張って」と背中を押していたゾ!

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

石井隼人
この記事を書いた人

石井隼人

映画好きエンタメ系フリーライター。「来るもの拒まず平身低頭崖っぷち」を座右の銘に、映画・音楽・芸能・テレビ番組などジャンル選ばず取材の日々。ありがたいことに映画作品のパンフレット執筆、オフィシャルライター&カメラマンを拝命されたり、舞台挨拶の司会をしたり…何でもやります!

石井隼人が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop