現役JK“第2のホマキ”松風理咲、突然のチン事に呆然天然NG

2018/05/28
マガジンサミット編集部

漫画家・赤瓦もどむによる人気コミックを実写映画化した『兄友』にヒロイン役で出演している、現役JK女優の松風理咲。26日に行われた初日舞台挨拶に主演の横浜流星、共演の松岡広大、古川毅、小野花梨、中島良監督と登壇したゾ。

イケメンなのに女性に超奥手な高校生役の横浜は、本作で映画単独初主演。壇上中心に立っての初日舞台挨拶に「普段からセンターに立つことがないので、ちょっとソワソワする」と照れつつ「身が引き締まる思いでいますが、撮影中は主演として皆がいやすいような環境を作れたらと。でも皆がどう思っているか」と不安も。

そんな横浜は、いきなり劇中の胸キュンシーンの一つでもある「困ったワン」を数パターン身振り手振りで生披露。この突然の珍事に呆然としてしまったのは松風だ。司会から「撮影の思い出」を聞かれると、横浜の「困ったワン」に引っ張られる形で「撮影で困ったところは…」と天然間違いで「横浜さんの『困ったワン』で頭の中が飛びました」と赤面。登壇者からは「あんなにやられたら、サブリミナルになるよねぇ」と同情されていたゾ!

その後、松風は「こけるシーンが多くて大変で、横浜さんと練習しました」と撮影を回想すると、横浜からは「ラブコメ作品なので、演技をデフォルメしなければいけない。そういうところが大変そうだった」と労われていた。

一方、小野は横浜と松風との撮影外の絡みを振り返り「理咲ちゃんはフワフワしているイメージがあったので、大事に扱わなければいけないお姫様のように思っていたけれど、横浜さんは主演としてあえてグイグイいっていた。可愛がるのではなく、魂でぶつかっているような感じ」とリスペクト。

ところがすぐに「言葉を選ばないで表現するならば、しつこくてウザめな絡みだった」とぶっちゃけ。横浜から「それは褒めているの!?けなしているの!?」と追及されると、小野は「スーパー、スーパー、リスペクト!それを受け止める理咲ちゃんも素晴らしい」と笑わせた。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マガジンサミット編集部
この記事を書いた人

マガジンサミット編集部

編集部のTwitterアカウントはこちら 【マガサミ編集部Twitter】 【マガサミ矢嶋Twitter】 【マガサミ儀保Twitter】   編集部のYoutubeアカウントはこちら 【マガサミYoutube】

マガジンサミット編集部が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

pagetop