第2のホマキこと現役JK女優・松風理咲、理想の男性は「引っ張ってくれるような人」

2018/05/10
石井隼人

そこのあなた、そこのお前、そこのチミ。“第2のホマキ”こと現役女子高生女優・松風理咲を知っとるケッ!?

 そんなJK松風が出演している胸キュン映画『兄友』(5月26日公開)の完成披露試写会が9日に都内で行われ、主演の横浜流星、共演の松岡広大、古川毅、小野花梨、中島良監督が舞台挨拶したぞ。

横浜が演じる西野壮太が一目ぼれするまい役の松風は「西野さんはいい人だし優しい」と説明。すかさず横浜は「流星君も優しい?」とグイグイくると松風は「はい」と照れ笑いで「もっと男らしさがあったら素敵な人だと思います。…西野さんが、という話です」と天然返答だった!

また松風は「私自身、積極的に行けないタイプなので引っ張ってくれるような人がいい」と理想の男性像を告白。横浜から「通っている高校には西野君のような人がいないんだね?」と聞かれると、松風は「…いや、女子高なので」とまたまたナチュラル反応で笑いを誘ったゾ!

そんな2人の仲睦まじい様子に小野は「横浜さんが理咲ちゃんに面倒くさいからみかたをしていた。それに理咲ちゃんが一生懸命に答えていて…。そんな姿を見せつけられて素敵な関係だなぁと思った」と舞台裏を振り返りながら「さっきも横浜さんが理咲ちゃんに『舞台挨拶で優しいって言って、お願いだよ』と言っていた。それに関してはどうかと思うけど」と暴露。

松風が「答えにくいような質問をしてくる」と頷くと、当の横浜は「距離を近づけたくて、そこはあえてやっていました」と弁明で、小野は「その努力が感じられて感動しました」と悪戯っぽくニヤリ。

また「恋人が作ってくれたものなら何でもキュンキュンする?」との質問に松風は「作ってくれるのは嬉しいけれど、そんなキュンキュンしない」とクール。「何回目のデートでキスしようかと考えている恋人はあり?」という質問には「男性にはどっしりと構えていてほしい。女の立場からいうと、男らしさがほしい」とグイグイ男子がお好みのようだったポッ!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

石井隼人
この記事を書いた人

石井隼人

映画好きエンタメ系フリーライター。「来るもの拒まず平身低頭崖っぷち」を座右の銘に、映画・音楽・芸能・テレビ番組などジャンル選ばず取材の日々。ありがたいことに映画作品のパンフレット執筆、オフィシャルライター&カメラマンを拝命されたり、舞台挨拶の司会をしたり…何でもやります!

石井隼人が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop