新オープン『クックパッド スタジオ』に潜入取材!レシピ動画撮影のノウハウを大公開

2017/12/11
マガジンサミット編集部

大手レシピサイト「cookpad(クックパッド)」が、レシピを動画投稿するため無料で利用できる料理動画撮影スタジオ『cookpad studio(クックパッド スタジオ)』第1号店を、12月10日、代官山にオープンしました。

同スタジオは、cookpadの専用IDをもつユーザーならば誰でも予約が可能。スタジオ内で貸出される機材やタブレット端末を使い、簡単に料理動画の撮影・編集を行えるため、初心者でもクオリティの高い動画を制作できるのが特徴です。

 

出典 https://cookpad-studio.com/

先日、オープンに先立ちcookpadの人気レシピエール達が集まり自身が考案したレシピの動画撮影に挑戦すると聞き、さっそく取材にうかがいました。

 

動画初心者でも簡単?cookpad studioとは?

『cookpad studio』は10時~22時まで営業。完全予約制であり、事前に当日撮影するレシピをクックパッドに投稿する必要があります。

食材は持ち込み。うっかり調理工程を間違えるなどのハプニングに備え、普段より多めに持ってゆく方が良いかも知れません。(基本的な調味料の用意はあり)

 

この日、『cookpad studio』に集まったレシピエールの皆さんは、動画制作を始める前に簡単なオリエンテーションを受け、動画撮影の手順や工程を確認。まずは1分尺の料理動画制作のための絵コンテを描くことから始めました。

3時間~4時間で制作(撮影2時間、編集1時間、準備・後片付け等で1時間程度を想定)するので、あまりにも時間のかかるレシピは避けた方が良さそうですね。

スタジオの一角には、自由に選んで使える盛り付け皿の数々が並びます。ここから、料理を美味しく見せる最適のお皿をチョイス。季節やイベントにあわせてバリエーションも増やしていくそうです。

調理をする作業台(手前)と動画を撮影する作業台(奥)を利用でき、わからないことがあれば、専任のスタッフにいつでも質問できます。

モニターに貼られているオレンジのテープ内が動画に映る範囲。モニターを見ながら撮影ポジションを調整し調理を開始。

一度に全ての工程を撮影するのではなく、コンテに沿いながら細切れに進めてゆくので、確認しながら作業ができます。

こんがりと良い色になってきた揚げドーナツ。美味しそう!

撮影後は備え付けのタブレット端末で動画の様子をチェック。後から編集可能なので気楽にチャレンジできます。

端末をタッチ操作するだけで直感的に編集。

スタジオにあるオーブントースターを利用。冷めないうちに運び撮影続行!

チョイスしたお皿とアイテムを並べ、盛り付けてフィニッシュ。「モニターのむこうにいる、一緒に食べる人を想像して(画面に)ゆっくりとお皿を差し入れるのがコツですよ」とスタッフの方。(なるほど!)

 

完成したレシピ。まるでグルメ雑誌のグラビアのようです。

 

う~ん…食べたい(でも我慢!次の作業が控えていますから)

撮影工程が終了したなら編集作業へ。動画に入れるテロップの文字数を計算し、早送り部分のスピードを調整したり不要な部分をカットしたりします。オープニングなどはデフォルトのフォーマットがあり、誰でも簡単にレシピ動画を完成することができます。

 

料理を作る楽しさを再体験してほしい

今回、参加したレシピエールの皆さんはクックパッドをはじめ、さまざまなメディアやSNSなどでレシピを公開する料理上手な方ばかりですが、レシピの動画撮影は初めてだそう。それぞれに知恵や工夫をこらし撮影に臨んだようです。

例えば、動画で映えそうなレシピを選び、素材には特に美しい色がでる品種や素材を使うなどして仕上がりをよりキレイに見せることを意識したそうです。

紅玉(こうぎょく)を使用した『アップルローズパイ』。

 

料理動画撮影の感想をうかがうと、「意外にスムーズにできて楽しかったです。次はもっと工夫したい」や「動画のことも気にしながらの料理で、大変な部分もありましたが、満足する動画が撮れたと思います」「1人での撮影だと難しくても、スタッフの皆さんが付いてくださるので安心」など、それぞれ声が聞かれました。

 

cookpadの料理動画事業部、鈴木さんによると「レシピを投稿して下さる作者さんのなかには、レシピを共有するだけでなく、自身のお子さんにレシピを残したい、また旦那様にレシピを見せたいなどのご意見があり、その点、動画は普段、料理をしない方や初心者の方にも分りやすく伝えられる」という声があるそうです。

今後、全国各地にスタジオをオープンしていく予定であり「レシピの作者さんをはじめ、動画を見る方にも、あらためて“作る楽しみ”を感じて、スタジオを活用していただけると嬉しい」と『cookpad studio』が新しいコミュニティの場として成長する期待を話しました。

 

撮影した料理動画は、cookpadのページ上に公開できるほか、インスタグラムなどのSNSにも投稿でき、より多くの人とレシピ動画を共有することができます。今までにない作る楽しさや、伝える喜びを体験できるかも知れませんね。

 

■cookpad studio 代官山

東京都渋谷区恵比寿西2丁目21−4

営業時間10:00~22:00

完全予約制 

予約・利用の詳細は『cookpad studio』HP(https://cookpad-studio.com/)まで。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マガジンサミット編集部
この記事を書いた人

マガジンサミット編集部

編集部のTwitterアカウントはこちら 【マガサミ編集部Twitter】 【マガサミ矢嶋Twitter】 【マガサミ儀保Twitter】   編集部のYoutubeアカウントはこちら 【マガサミYoutube】

マガジンサミット編集部が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop