今話題の逆輸入アート女子、ミラノを拠点に活躍する刀根里衣とは?

2017/09/22
N田 N昌

逆輸入女子といえば、台湾と日本で活躍するモデルで女優の池端レイナ様、そして、ドラマ『貴族探偵』に出演、話題になった台湾を活動の拠点として活躍する女優、田中千絵様でございます。そして今、アートの分野で注目集めている逆輸入女子がいらっしゃいます。その方こそ、刀根理衣様でございます。

 

近年、海外で絵本作家として認められた後、日本で絵本を出版する逆輸入型日本人アーティストが増えておりますが、刀根さまもその中のお一人でございます。

 

刀根さまは2010年、製作した絵本のサンプルが、ボローニャ児童書ブックフェアの会場でイタリア人編集者の目にとまり、翌年、絵本作家としてデビュー。それを機にイタリアに渡り、ミラノを拠点に創作活動を行っておられます。

 

2013年には、ボローニャ児童書ブックフェアの原画展において国際イラストレーション賞を受賞、その受賞作を絵本化したのが「El viaje de PIPO」でございます。こちら、日本でも2014年に「ぴっぽのたび」として出版されております。

 

「ぴっぽのたび」(作:刀根 里衣)

 

当初、刀根様の作品は絵もストーリーも大人向きなので、日本では難しいのでは…と思われていたものの、30代の女性が読むファッション雑誌などにも取り上げられ、刊行から半年で5回も増刷を重ねるという絵本では異例の売り上げを記録。

 

その後、2匹のネコを主人公にしたハートフルな絵本 「Dove batte il cuore」(「きみへのおくりもの」)、イタリアデビュー作「Questo posso falro」(「なんにもできなかったとり」)など、日本語版が日本で出版されております。

 

ちなみに、刀根様の人気は、日本だけではなく世界中で高く、ボローニャ児童書ブックフェアでは毎年サイン会を開催、いつも長蛇の列に。パリやミラノでのサイン会も大盛況とのこと。

 

そんななか刀根様の新作が先日、出版されました。しかし、ただの新刊ではございません。作絵の絵本で日本オリジナルの絵本は、この本が“初”でございます。

 

「コリスくんのかみひこうき」(作:刀根 里衣)

 

記念すべき日本発の作品は、紙飛行機を作るのが大好きなコリスくんの物語でございます。

 

ちなみに、最新刊「コリスくんのかみひこうき」の刊行を記念して、928日、絵本ファンの聖地、神保町にあるブックハウスカフェで帰国中の刀根様のトークイベントが開催されるとか…。興味のある方は、こちらも是非チェックしてみてくださいませ。

(文:N田N昌)

この記事が気に入ったらいいね!しよう

N田 N昌
この記事を書いた人

N田 N昌

放送作家・ナンセンス絵本マニア 「有田とマツコと男と女」「レゴニンジャゴー(アニメ)」 「天才テレビくんMAX」「小島慶子のオールナイトニッポンGOLD」 など、テレビ・ラジオ番組の構成脚本を担当。

N田 N昌が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop