高橋一生、大河撮影秘話や自身について雑誌「PERSON」で語る

2017/10/03
マガジンサミット編集部

 

俳優の高橋一生さんが、話題のPERSONの素顔に迫るPHOTOマガジン「TVガイドPERSON vol.62」(107日(土)発売)において、表紙を飾ることが102日わかりました。同誌には、高橋さんのロングインタビューも掲載されています。

 

 高橋一生さんはわずか10歳から芸能活動を開始。ドラマ、映画、舞台などで36歳の現在まで様々な役柄を演じてきました。ジブリ映画の「耳をすませば」では、声優にも挑戦しています。そして2017年にはNHKの大河ドラマ「おんな城主 直虎」やTBS系のドラマ「カルテット」などに出演し大ブレイク。オリコンが発表した「2017上半期ブレイク俳優ランキング」で一位を獲得しました。

 

 

今回の表紙は世界的写真家のレスリー・キーさんによって撮影され、他誌では見られない高橋さんの躍動的な姿を披露。さらに巻頭特集では渋い表情やSEXYショットなど様々な表情を見ることができます。

 

ロングインタビューでは大河ドラマ「おんな城主 直虎」について、「自分にとって政次の存在が大き過ぎて、何も手に付かなくなった」という秘話や、「高橋一生という船の舵は完全に離している。でも絶対にぶつからない」という自身についての話を語っています。

 

全16ページにおよぶ高橋一生さんの特集が掲載される「TVガイドPERSON」は10月7日(土)発売です。

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マガジンサミット編集部
この記事を書いた人

マガジンサミット編集部

マガジンサミット編集部
pagetop