この一言で違う!なぜか断れないデートの誘い文句

2021/11/08
恋愛マスターLOVE子

勇気を出して気になる相手をデートに誘っても何故か断られてしまうことはありませんか?もしかすると誘い方に原因があるのかもしれません。今回は心理学に基づいた断れないデートの誘い文句をご紹介します。

『YES or YES』の誘い方をする

有名な恋愛テクニックのひとつに『ダブルバインド』という方法があります。本来は相手の思考を停止させてストレス状態に陥らせるコミュニケーションのとこを指しますが、デートの誘い方にも活かせます。ダブルバインドとは直訳とすると『二重拘束』という意味になります。二人でデートをすることを前提に相手にデートの予定を相手に選択させる方法です。

ダブルバンドを使ったデートの誘い文句の一例は

「お寿司と焼肉、どちらが食べたい?」

「動物園と遊園地、どちらに行きたい?」などです。

どちらも「YES or YES」の形で質問することによって、どちらに転んでもデートに行けるという方法です。

「〇〇さんが好きそうなお店を見つけたから一緒に行かない?」

シンプルですが、相手の興味のあるものを提示する誘い文句もおすすめです。事前に気になる人の好きなものを把握することが重要になります。気になる人の好きなものをさりげなくリサーチして、相手に合わせることを意識して誘うようにしましょう。

最初はハードルが低い短い時間でのデートをして、回数を重ねるごとにデート時間を長くすると、自然と仲良くなれますよ。

断られない小さなお願いを数回頼んだ後にデートに誘う

断られるのが怖い男性におすすめなのが、小さなお願いを何度もクリアしてデートに誘う『フット・イン・ザ・ドア』という方法がおすすめです。

『フット・イン・ザ・ドア』を活用したデートの誘い文句の最初の言葉は「今5分だけ話せる?」です。「今5分だけ話す」という小さな課題をクリアした後も、必ず叶えてもらえるお願いをいくつか聞いてもらいましょう。

そうすることで、あなたからの提案に対してYESの回答が続くため、デートの約束も取りやすくなります。

「〇〇さんと話していると楽しいから、来週一緒に食事でも行かない?」

シンプルに断られにくいのが「一緒にいると楽しいから、デートに行こう」と素直に好意を伝える誘い方です。

あなたと一緒にいることが楽しいからデートに行きたいという旨を伝える方が、相手の気持ちを動かすため成功率が高くなります。

「あなただから」という気持ちを乗せてデートに誘おう!

今回は断られないデートの誘い文句をご紹介しました。心理学に基づいた誘い方もおすすめですが、シンプルに相手の好みや気持ちを汲み取りながら「一緒にいたい」ということを伝えるだけでも断られにくくなりますよ。

ぜひ勇気を出して気になる女性をデートに誘ってみてくださいね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

恋愛マスターLOVE子
この記事を書いた人

恋愛マスターLOVE子

雑誌やWEBで恋愛におけるさまざまな悩み解決や使えるテクを執筆する女性ライター。女性目線で優しく丁寧に伝える記事が男性から好評。
pagetop