夏のオシャレを極める“トゥーラー”達! 注目の足指アクセ『トゥーリング』とは?

2017/06/08
マガジンサミット編集部

本格的な夏にむけて各ファッション系雑誌は、はやくもサマーバカンスモード。素足が似合う季節にピッタリなアクセサリーやネイル、サンダル、水着などの特集が一斉にはじまりました。そんな誌面から見つけたマガジンサミット編集部が注目するアイテムは『トゥーリング』です。

 

なかでも、日本唯一のトゥーリング専門ブランド『Floats!(フローツ)』のリングが、6月13日(火)から表参道ヒルズ西館1階 ギャラリーKOWAにて販売を開始し、各媒体で注目されています。

 

※『Floats!(フローツ)』表参道ヒルズ店限定の新作モデル。「世界中の女性を笑顔にしたい」という願いをモチーフにデザインされた「フェイスボール」 各5500円(税抜)

 

トゥーリングとは?

『トゥーリング』とは、古代インド発祥といわれる足の指(Toe)にはめて飾る指輪のことです。

 

インドでは裸足文化であるため、足の先から頭の先までアクセサリーで全身を飾ります。特に神聖とされるゴールドを好みますが、神の金属であるゴールドを足で踏んではならないという教えから、トゥーリングは銀がプラチナが主流だそうです。

 

足の薬指にはめるトゥーリングは、手の指と同じく結婚指輪の意味になり、既婚女性は両足の薬指に同じリングをするようです。つまり、薬指にトゥーリングをはめている女性はすでに決まったお相手がいるという証なんですね。

 

リングの種類によってつけ心地が違う

さて、気になるのはリングのデザイン。裸足文化でない日本では靴やサンダル、そして足指との相性が大切になります。

 

最もシンプルなのが飾りのない金属のリング。高さがないため靴をはいたままの着用が可能です。しかし硬い素材であるため指に合わないと痛みや怪我の原因になる場合も。

 

ラバー(輪ゴム)を使用したリングは柔らかく着用がラクです。比較的安価なので色々なデザインを楽しみたい方におススメ。ただし、ゴム一本でとめたデザインなので飾り部分がふらつくことがあり壊れ易いのが難点です。

 

同じラバー系でも、ラバーをらせん状に使用することでリングにかかる力を分散し、長時間つけても痛くならない工夫がされている『フローツリング』※は安定感があります。大きいデザインでもつけていられるのが特徴ですが、飾りが大きいと靴が履けなくなるのでご用心。※トゥーリングの専門ブランド『Floats!(フローツ)』の特許デザイン。

 

※出典http://www.floats.co.jp/about_toering

 

ぜひ、相性の良いトゥーリングを見つけて、この夏は足元のオシャレに磨きをかけてみてはいかがでしょうか。(もしかしたら、リングが良い出会いに導いてくれるかも知れませんし!?)ネイルとの組み合わせでワンランク上をゆく足元美人を目指してみてください。

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マガジンサミット編集部
この記事を書いた人

マガジンサミット編集部

編集部のTwitterアカウントはこちら 【マガサミ編集部Twitter】 【マガサミ矢嶋Twitter】 【マガサミ儀保Twitter】   編集部のYoutubeアカウントはこちら 【マガサミYoutube】

マガジンサミット編集部が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

pagetop