自分を変えたい!男の美容室の選び方。プロが教える「腕の良い美容師」は〇〇な人

2018/08/01
マガジンサミット編集部

今時、調べれば女子ウケしそうな髪型や流行のヘアスタイルを知ることはできます。でも、その髪型、果たして自分にハマってる?

ヘアスタイルは、カッコいいのはもちろん“自分に合っている”かが重要。そのためには、お任せする美容師さんの腕や、美容師さんとのコミュニケーションが大切になってきます。でも、信頼できる良い美容師さんとはどこで出会ったら良いのでしょう?

そこで今回は、都心からほど近く文芸と緑の街、荻窪で美容室『jiyume』を2店舗他、撮影スタジオ『空と髪と』を営んでいる、沢丸保切(さわまる ぽきーる)さんに、素敵な美容師さんとの出会い方について伺いました!

荻窪の街で、オシャレに気を使う人が指名するのが美容室『jiyume』です。オーナーの沢丸さんは“非モテ髪系美容師”と自らを語る、この道20年の美容師。異性の視線を必要以上に意識しない、本当の意味でのナチュラルな髪型が評判で、流行をふまえつつも、お客様の持つ“オーラ”を消さないヘアスタイルを提案しています。

沢丸さん曰く、男性は女性に比べて圧倒的にヘアスタイル関連の情報が少なく、子どもの頃に親に連れられたまま、同じお店に通い続ける方も多いそう。限られた情報のなかで、自分と相性がよく信頼できる美容師さんに出会うためには、ちょっとした観察力が必要なようです。

「ご自身が納得されるヘアスタイルが一番ですが、腕の良い美容師さんに巡り合えれば、お客様の新たな魅力や個性の発見につながります」と沢丸さん。良い美容師さんかどうかは、お客様の価値観にもよりますが、沢丸さん自身が心掛けていること、そして一緒に仕事をするならばこんな方が理想という美容師象と、出会うための観察ポイントを教えてくれました。

ポイント① 洗髪の時に美容師の姿勢が分かる

洗髪はとても重要な作業です。髪を洗いながらお客様の骨格やつむじの位置を確認しているので、よほど混雑している場合は仕方ないとしても、『jiyume』では必ず担当者、自らが洗髪を行います。お客さまの頭に触れることで、その日の体調やお疲れ具合も分かるんです。

また、洗髪後に髪を慎重にとかす美容師さんは仕事熱心だと思います。ごく当り前な作業に見えますが、とかすことで毛流を読みクセを掴むので、これをおざなりにする美容師さんはよほど腕に自信があるのか…いい加減な仕事をする方か。しかし、どのようなキャリアの美容師さんでも、髪の毛をモノのように扱う美容師は信頼できないと感じています。

ポイント② モテたいなら女性美容師に任せる?

モテたいのなら女性の美容師さんに頼むと良いと思います。女性ならではの視点や、繊細さ、柔らかさといった感性は男性美容師に真似できない部分。僕は男性なので、極力、女性から見て、どのような髪型がその人にふさわしいのか考えます。

それに、髪の毛を異性に触れてもらうことで、ちょっとしたフェロモンのようなものも出ます。異性と触れ合うのが目的ならば、異性とのコミュニケーションは必要でしょう?

逆に、就職の面接など社会的な目的で髪の毛を切りたい場合は男性がおススメです。清潔感は大切ですから、「耳にかからないように」などは当り前。例えば、IT系ならばクリエティブな感じなど、ちょっとした破天荒さも必要かも知れません。遠慮せずに「何系の会社を受けるのか」など、伝えてもらえると有り難いですね。

ポイント③ ヒアリングをきちんとする美容師か?

会話が盛り上がるのは良いのですが、世間話ばかりをする美容師さんはおススメしません。美容師は、会話をしながらお客様が何を求めて髪を切りたいと思っているのかを探ります。ざっくりと方向性だけ聞いて、後はお客様のパーソナルな部分にまったく触れようとしない美容師さんは、お客さまと向き合う姿勢が足りていないように思えます。

できれば、気が付いたらいつのまにか自分の悩みを相談していた…なんて、聞き上手な美容師さんに出会えたらベストですよね。

美容室に何を求めて通うのか?

美容室によってコンセプトや世界観が違います。そのサロンは何を優先させているのかを感じとることも必要です。

担当美容師さんのヘアスタイルやファッションからパッションを感じたり、共感されたりしているならば別ですが、そうでない限り、自分のスタイルを押し付けない“職人”に徹しているようなサロンや美容師さんが良いかも知れません。

もし、最先端のヘアスタイルを求めるならば、経験も情報も豊富な流行りのサロンへ。ダサいのは困るけれど、自身と向き合い最適なヘアスタイルをつくってくれることを望むなら、ワンオペレーションでお客様と向き合うサロンを探すと良いですね。

先程“モテたいのならば女性の美容師さん”とお話しましたが、指名している美容師さんがいないのならば、目的別に美容師さんやサロンを探すのも良いでしょう。ちなみに、男性は理容室を利用する人も多いと思います。美容室との違いですが、単純に免許の違い(理容室は刃物の使用が許可されている)の他に、方向性が違います。身だしなみやカッチリとした髪型を望むならば理容室に。ニュアンスや雰囲気を求めるならば美容室を訪ねるのが良いと思いますよ。

ヘアスタイルは、その方の第一印象だけでなく、時に生き方も表現します。髪型を新しくすることで人生が豊かになるので、「この髪型、なんか違うんだよね」とか「スタイリングが決まりにくいな」など、漠然と課題を感じている人は、思い切って新しい美容室を探すのも良いかもしれません。

出典 http://jiyume.com/

引っ越しや転職など生活環境の変化は、新しいサロンや美容師さんと出会うチャンス。美容室を探しながら街の魅力感じるのも一興かも知れません。沢丸保切さん、ありがとうございました!

jiyume atelier ジユーム アトリエ

東京都杉並区荻窪4-12-16 1F/2F

OPEN 9:00〜20:00 月・火曜日定休

jiyume CLASSIC ジユーム クラシック

東京都杉並区荻窪5-22-1 106号

OPEN 9:00〜20:00 火・水曜日定休

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マガジンサミット編集部
この記事を書いた人

マガジンサミット編集部

マガジンサミット編集部

マガジンサミット編集部が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

pagetop