新妻・新米ママの前田敦子、復活!ウズベキスタンでプロポーズ?

2019/06/04
石井隼人

それは3日に都内で行われた、映画『旅のおわり世界のはじまり』(6月14日公開)完成披露試写会でのこと。主演の前田敦子、共演の加瀬亮、柄本時生、そして黒沢清監督が参加した。

 

“舞台で歌う”という夢への情熱を胸に秘めたテレビリポーター・葉子(前田敦子)が、番組のクルー(加瀬亮、染谷将太、柄本時生)と取材のためにウズベキスタンを訪れ、異国での様々な出会いによって成長していく姿を描く。約1ヶ月間に及ぶウズベキスタンでのロケ撮影が行われた。

 

客席からの「可愛い~」という感嘆の声に迎えられた前田は「はははは」と照れ笑いで「こういう舞台に立つのが久しぶりなので緊張しています」とハニカミ。撮影から約1年経ち、その間に結婚、出産を経験しており「撮影から完成、公開まであっという間で、それを特に感じます。この1年間、私自身にも色々なことがあったので、思い出深い作品になりました」とシミジミ。

 

クライマックスでは標高2,443mの山頂でアカペラ歌唱に臨んだが「空気って大事なんだなぁと思った」と苦労を滲ませる一方で「撮影中に『うわっ!』と思ったのが、その撮影に関係のない加瀬さんが見に来てくれたこと。それがプレッシャーでしかなくて、『なんでこの人!』とは言えないから、無視していました」とぶっちゃけた。

ウズベキスタンのロケでは様々なハプニングがあったようで、前田は「酔っぱらった現地の方に求婚されました」と驚きの告白で「日本人の女性スタッフさんも求婚されていて、現地の男性は可愛い=結婚してくれ!みたいな感じ。それが凄かった」とカルチャーショック。

 

その現場を目撃したという黒沢監督は「求婚していたのはオジサンでしたね。僕もそれなりに衝撃を受けました」と説明すると、加瀬も「僕もその様子を見ていましたが、僕は無責任なので『いいんじゃないの?』と思っていた」と淡々。それら男性陣の反応に前田は「誰も助けてくれなかった。厳しい世界だなと。明日から頑張ろうと思った」と笑わせた。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

石井隼人
この記事を書いた人

石井隼人

映画好きエンタメ系フリーライター。「来るもの拒まず平身低頭崖っぷち」を座右の銘に、映画・音楽・芸能・テレビ番組などジャンル選ばず取材の日々。ありがたいことに映画作品のパンフレット執筆、オフィシャルライター&カメラマンを拝命されたり、舞台挨拶の司会をしたり…何でもやります!

石井隼人が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop