前田敦子が、あっちゃんいつものやったげて!とはならなかった恐怖ライド

2019/06/17
石井隼人

前田敦子主演の映画『旅のおわり世界のはじまり』の公開記念舞台挨拶が行われた!主演の前田敦子をはじめ、共演の加瀬亮、染谷将太、柄本時生、アディズ・ラジャボフ、そして黒沢清監督が参加したゾ。

“舞台で歌う”という夢への情熱を胸に秘めたテレビリポーター・葉子(前田敦子)が、番組のクルー(加瀬亮、染谷将太、柄本時生)と取材のためにウズベキスタンを訪れ、異国での様々な出会いによって成長していく。約1ヶ月間に及ぶウズベキスタンでのロケ撮影が行われた。

劇中に登場する、ウズベキスタンの遊園地ならではの“絶叫系回転遊具”の話題になると、前田は「ぜひ皆さんにも乗ってみてほしい!それが早いと思います」と観客に訴えて「私は4回も乗ってしまって…。大変なことになりました。私と同じ気持ちを共有してくれたのは加瀬さんだけ。ほかの皆さんは絶対に乗ってくれませんでした!」と恨み節。

それに加瀬は「本番前のテストの段階で前田さんが乗ったときに、涙が止まらない様子の凄い顔をして降りてきた。僕はそれを見て『大げさだなぁ』と思ったけれど、いざ乗ってみると『もう十分!』という感じになった」と想像を絶する恐怖を振り返った。

“ライド拒絶組”の染谷は「ディレクター役の僕が乗ってしまったら、その怖さや危険さに共感してしまう。役柄上、前田さんのことを可哀想だと思ったらダメなので、あえて乗りませんでした」と役作りの上での決断だときっぱり言い放ち、笑いを誘った。同じく柄本は「前田さんが乗っている様子を見て大変そうだと感じたので、それだけわかれば十分だと思った。…乗りたくはなかった!」とぶっちゃけたゾ!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

石井隼人
この記事を書いた人

石井隼人

映画好きエンタメ系フリーライター。「来るもの拒まず平身低頭崖っぷち」を座右の銘に、映画・音楽・芸能・テレビ番組などジャンル選ばず取材の日々。ありがたいことに映画作品のパンフレット執筆、オフィシャルライター&カメラマンを拝命されたり、舞台挨拶の司会をしたり…何でもやります!

石井隼人が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop