佐久間由衣、映画初主演で“隠れビッチ”を演じる!森山未來「誰も太刀打ちできない」と激賞

2019/01/29
佐藤 勇馬

あらいぴろよ氏の人気コミック「“隠れビッチ”やってました。」(光文社)の実写映画化が決定し、NHK朝の連続テレビ小説『ひよっこ』などで注目を集めた女優の佐久間由衣が初主演を務めることが発表された。男性からの人気が急上昇している佐久間が“隠れビッチ”を演じるとあって、大きな反響を巻き起こしそうな作品となっている。

原作は、一見すると清純派の女性が「男性にチヤホヤされたい」という欲望によって“隠れビッチ”となっていた体験を基にしたコミックエッセイ。タイトルにもなっている「隠れビッチ」とは、清楚そうな見た目なのに「隙」と「タイミング」を自ら巧妙に演出し、男性を次から次へとハントしていく女性のことだ。

映画版『“隠れビッチ”やってました。』(2019年公開予定)では、主演の佐久間をはじめ、村上虹郎、大後寿々花、森山未來ら新進俳優から実力派まで異色のキャストが出演。『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』『旅猫リポート』で知られる三木康一郎監督のメガホンによって、恐るべき“隠れビッチ”のモテ戦術を面白おかしく描きながらも、その裏に潜む現代女性の心の隙間や歪みに寄り添う作品となるという。

“隠れビッチ”の主人公・ひろみを演じる佐久間は、今作について「この作品は、主人公の恋愛模様を描きながらも、そこだけに留まらず『ちょっとした寂しさを抱えて生きる現代の大人の成長物語』だと台本を読んで感じました。私自身、今回が映画初主演という事もあり、監督や共演者の皆さんといった沢山の方に、役柄同様に支えられながら、新たな経験を積ませて頂きました」とコメントしている。

また、主人公を見守る男性・三沢役を務める森山は「これは“もし佐久間由衣ちゃんがナチュラルに隠れビッチをやっていたとしたら誰も太刀打ちできないでしょ”、という映画です。僕も彼女に打ち砕かれた死屍累々の一人です」と、佐久間が演じた“隠れビッチ”の破壊力を絶賛している。

佐久間由衣が初主演を務める映画『“隠れビッチ”やってました。』は2019年公開予定です。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

佐藤 勇馬
この記事を書いた人

佐藤 勇馬

新宿・大久保在住のフリーライター。個人ニュースサイト運営中の2004年ごろに商業誌にスカウトされて以来、芸能、事件、ネットの話題、サブカル、漫画、プロレスなど幅広い分野で記事や書籍を執筆。著書に「ケータイ廃人」(データハウス)「新潟あるある」(TOブックス)など。 Twitter:ローリングクレイドル

佐藤 勇馬が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop