元KARA・知英、好きな男性は「真ん中がほしい!」のナゾ

2018/07/17
石井隼人

元KARA・知英の好みのタイムは…真ん中だ!一体どういう意味だ!?

それは14日に都内で行われた。下半身不随になってしまった新体操スター選手の再生を描く青春映画『私の人生なのに』初日舞台挨拶でのこと。主演の知英、共演の稲葉友、落合モトキ、そして原桂之介監督が出席した。

下半身不随となるも、音楽との出会いを通して人生を変えていく元新体操スター選手・金城瑞穂役の知英は、JYとして主題曲「涙の理由」も担当。「晴天で初日を迎え、主演として映画の主題曲も歌って、しかも今日楽曲が配信される。こんな日はもうないと思います」と感慨を口にし「歌を聴いていただき、映画を観たいと思ってもらえたらそれで十分嬉しい」とアピールした。

瑞穂を変えるきっかけとなる幼馴染・柏原淳之介役の稲葉は、初共演の知英との現場を振り返り「知英すげえな!と思いながら過ごした」といい「現場も明るくしてくれるし、大変なシーンも大変な顔はしないし、可愛らしい一人の女性としてもいてくれた。もう頼りきりだった」と最敬礼。

コーチ役の落合も知英について「日本語が上手ですげえ!」と語学力に目を丸くし「さっきもヘアーメイクさんに『アホ毛が気になる』と言っていて、日本でもそんな言葉知っている人少ないよ!と思った」と笑わた。

男性二人からリスペクトされた知英だが「稲葉演じた淳之介と落合演じた哲二はどんな男性だった?」と聞かれると「哲二は何でも頼れる男性、淳之介は幼馴染で意地悪だけど嫌いになれない男性。両方とも愛らしい」と高評価も「私としてはその真ん中がほしい!」と爆弾発言。

その理由として知英は「子供っぽい人もアレだし、おせっかいすぎるのもアレだし…。真ん中がいい」と好みの男性トークとして結論を出し、稲葉を「役柄の話なんだけど…なんかごめんなさいという気持ち」とションボリモードにさせていた。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

石井隼人
この記事を書いた人

石井隼人

映画好きエンタメ系フリーライター。「来るもの拒まず平身低頭崖っぷち」を座右の銘に、映画・音楽・芸能・テレビ番組などジャンル選ばず取材の日々。ありがたいことに映画作品のパンフレット執筆、オフィシャルライター&カメラマンを拝命されたり、舞台挨拶の司会をしたり…何でもやります!

石井隼人が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop