【動画】脱げるシンガー・藤田恵名に直撃インタ!衝撃告白の数々にインタビュアーもタジタジ

2018/06/12
マガジンサミット編集部

今いちばん脱げるシンガーソングライター・藤田恵名さんが6月20日にニューシングル『言えない事は歌の中』を発売。日々の生活の中、誰にも思い当たる節があると思うその言葉をストレートにぶつけた1曲になっています。そんなニューシングルへの思いや脱げるシンガーとしてのグラビア活動について今の思いを語っていただきました。

どのような歌になってますか?

「曲調はアップテンポになってます。タイトルの通り言えないことを日常やSNSとかで自重して、『これ書いたらちょっと色々非難浴びちゃうな』みたいなこととか、日頃生きていて我慢することを歌の中なら許されるというか言えるって気持ちで書いた曲で、歌詞見たらわかるってものでもないですけど、歌って『ガァー』っと発散できるような曲になっております。」

どういった時に作られた曲ですか?

「シングルを出すのが今回初めてで、表題曲って一曲勝負みたいなところあるじゃないですか、今回はカップリングも、もちろんすごいいい曲だと思ってるんですけど、この曲で評価されるって思うと結構なんども書き直したりもしました。

普段生活してて書き溜めてることがすごく多くて、それをつなぎ合わせたりしてメロディーに乗せて…書いたりして…もちろん何度も書き換えたり、言葉が強すぎるっていうか、これはちょっとやめようみたいになったのもあるんですけど…そうですね…普段曲を作る事に対して苦労は特別しないので、いつもの面持ちで、今回もいい曲になったかなって思います。」

聞いて欲しい人は? 

「聞いた人の心境を強制できないので、聞いた人がどう思おうと別にいいかなって感じ(笑)みんなに共感してもらえるとは到底思ってないので、聞いた人の中で何人かが戦闘力が上がったわって思われたら嬉しいなって思います。普段は結構女の子目線の曲が意外と多くてっていうか『男の人にわかってたまるか』って気持ちで歌を書いてることが結構あるんですけど、これに関しては、わりと男女問わずなんか、嫌なことが日頃ある人ほど聞いて欲しいみたいな思いがあります。」

7月6日バースデーライブのサプライズは?

「水着でいつも歌ってるんで、今回水着じゃなかったら申し訳ないなって気持ちもあるんで(笑)今回もワンマンライブ水着着たいなって思いつつ…間に合い次第ですけど、ジャケットの着衣版で肌色の水着を着ているんですよ。肌色の水着を仕込んで曲を重ねるたびに服脱いでいったりすればいいのかなって思っております!」

服は今後着ない? 

「着ます!だからタイトルが「もうきている」なんですよ!私もビキニでライブをするようになってから完全に着るタイミングを失っているんですよ(笑)

なのでそろそろ着て歌っても…なんかその…日頃思ってるのが「人にがっかりされないように」。飽きられたりがっかりされないようにして、服着て歌ったらがっかりされるかなって思ったりするんですけど、これはちゃんと歳を重ねるごとに需要がなくなることを意識しつつ服を着ることに慣れていこうと思ってるんで、時期を見計らって脱衣ライブ!脱衣ラストライブ!をする日が訪れるのかなって自分では薄々思ってます(笑)」

ライブでのハプニングは?

藤田さん長考…沈黙…

 

記者「ハプニングと思ってない?」

 

「そうなんですよね!アンケートとかでもよくあるんです、最近起きたハプニングは?みたいな。

どうにかなるっていつも思っちゃってて、(例えば)ブラジャーを着け忘れて家を出ることが多くて、ライブで水着着るからいっかって思ってて…帰りどうしようってなったときに、なんかうちの親もすごくガサツだったんですけど、親がガムテープを(胸に)貼ってスーパーに行っている姿をよく見てて(爆笑)

私もステージのスタッフさんに『(手をあげて)養生テープをください』って(笑)

養生をニップレス代わりに貼ってライブに出ることも多々あります。何に使うか用途は(スタッフに)特に言わないんですけど、見方によっては緑の養生がはみ出てるライブもあったかもしれないです(笑)」

 

__スタッフ爆笑のため、一時インタビューが中断…

 

グラビアとアーティストではスイッチは? 

「わりと変わるんだと思います。なんかその〜ライブに関しては自分の思いとか『このやろー!』って気持ちで湧き上がってくる感情でやってるんですけど、グラビアとかはやっぱりカメラの先に人がいるって思って、もちろんライブも肉眼で見える対象でやっているんですけど、グラビアはその対象が見えないからこそ、自分の我を捨てれます。

なんかこう色々思うことはありながらも頭の中ではそりゃなぜバランスボールに乗っているんだろうとか(笑)なぜ飴をいつまでも舐めているんだろうっていう気持ちではいるものの、その自我はなるべく顔に出さないように、そうゆう対象がいるんだって思いでなるべく寄り添うようなスイッチでやっている次第です(笑)」

出てみたい雑誌は? 

「言っていいんですか?サイゾーに出たいです!なんか結構パンチある表紙が多くて出たい!あとビッグイシューの表紙を飾りたい(笑)

サイゾーのアートディレクターの人に『どうぞ好きにしてください』っていう感じで(笑)どうぞ私をアートにしてください!っていう身を任せたい気持ちで、あのサイゾーのいろんなバリエーションというか発想とかが好きなので、そこはもう自分のこうが良いとかこうゆうメイクがいいとかは抜きにして身を任せてたい。

私を抱いてってことですよね? (笑)

「そうですね(笑)そうゆうことです(照笑)」

グラビア撮影の前にケアなどは?

「申し訳程度に節制したりだとか腹筋したりはするんですけど、日頃から何かをしてるって言われれば、全く何もしてなくて…すごいズボラっていうかがさつなんですよ(笑)6月の目標が『毎日顔を洗って寝る』ことです(笑)

今日もメイク道具を忘れてきちゃってメイク直しを一回もできなかったです…(笑)」

マネージャーさんから注意は?

「肌のこととかは特に言われたことないんですけど〜。でもマネージャーさんはすっごい優しんですよ。逆に怒らないから怖い(笑)本当はめちゃくちゃ呆れてるんじゃないか、メイク道具を忘れてインタビュー。ダメだと思います…マネージャーさんから特に怒られはしない…」

グラビアの反響は? 

「Twitterでありますね。今日も言われたんですけど、(私は)下ネタ系の対象、やれおかずにされることもあって、こんな格好してるから、でもそれをツイートしてる人のツイートをリツイートしちゃうんですよ(爆笑)

(スタッフから)『あれはリツイートする?』みたいな(笑)。なんか私は懲らしめたくてやってるつもりもなければ自分のこと書いてくれて『ありがとうございます!』って気持ちでリツイートしてるんですけど、見る人からしたらなんか『すごい藤田恵名に興味が湧いてきた』みたいな思わぬ反響があったりします。

こうゆう格好して歌ってて誰もなんとも思わないのは寂しいんで、そうゆう反応は嬉しく受け止めて、リツイートなりシェアしてます(笑)」

終始笑いの絶えない空間を作っていただいた藤田さんのニューシングル『言えないことは歌の中」は6月20日発売です。またバースデー・ワンマンライブ「もうきている」は7月6日、新宿BLAZEにて開催予定です。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マガジンサミット編集部
この記事を書いた人

マガジンサミット編集部

マガジンサミット編集部

マガジンサミット編集部が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

pagetop