日本スケート界大注目の“西村姉妹”の育て方。「常に反復練習」父が語る強さの秘密

2016/10/06
放送作家 小嶋勝美

今年6月にエクストリームスポーツの世界最高峰の大会「X Games」に出場を果たし、2020年オリンピック競技・スケートボード追加種目決定の記者会見にも参加し、現地時間102日にロサンゼルスで行われた「Street League」にも出場を果たした西村碧莉(アオリ)!(結果5位)

 

※西村碧莉、父・哲雄

 

日本で最も注目を集めるスケーターの一人となった彼女と、同じく日本のガールズスケートシーンのトップランナーである姉・詞音。

 

そんな彼女たちの強さの秘訣を父である哲雄さんに迫ってみた。

 

日本を代表するガールズスケーター姉妹の父・哲雄さんにインタビュー!

※父・西村哲雄さん

 

なぜ彼女たちはこんなにもスケートがズバ抜けて上手いのか?

その秘訣を知るには“一番近くで見ている人に聞けばいいんじゃないか!?”と言うことで!

 

通称「西村3姉妹」の父、西村哲雄さんに“どうしたらそんなとんでもないスケーターが育つのか!?”インタビューを敢行しました!

 

_自己紹介をお願いします。

 

特にないっす(笑)

しいて言えば、高校生の時、2年くらいスケートしていたくらいですね。大人になってからもちょくちょくやっています。

 

仕事はカミさんの実家がステンレスの工場をやっていてそこで働いています。

 

_3姉妹の紹介をお願いします。

※沙菜・詞音・碧莉 西村哲雄Facebookより

 

長女、沙菜(サナ・20歳)はマイペースで3人の中では一番スケートDVDを観ていて「Street League」とかも夜中一人でパソコンで見ています。

 

一番スケートの話をしていて楽しいのは沙菜です。スケートはずっと趣味としてやって、詞音・碧莉の応援をしていきたいって言ってますね。西村家のブレーン的な存在になりつつあります。

 

次女、詞音(コトネ・17歳・高3)は生まれた時から反抗期ですね。全てにおいて必ず一度は否定してくる感じです(笑)

 

スケートに対する情熱が熱い訳ではないんですが、ハンドレールに突っ込んでいって、ここぞって時には決めてくれる。気合いと根性でここまで来てるって感じ。今は前十字靭帯と後十字靭帯の手術してリハビリを頑張っています。

 

三女、碧莉(アオリ・15歳・中3)はポカーンとしてますね。一番練習しないですね。コンテストも無難にこなしながらストリートもやってけっこうバランス良くやっていますね。

 

碧莉は、(コンテストでの)勝ち方を知っているというか100パーセントではやらないんで、上手いですねその辺は。一緒にルーティン考えてる時とか「お前ならどうする?」って聞くと「え、そんな感じなの?ゆるくない?」みたいな(笑)

 

もうちょっとこんぐらいの事したほうがカッコイイんじゃないとかって言うんですけど、「そこで失敗したら途切れて、せっかく勝てるとこ勝たないともったいないじゃん」って。冷静ですね。

 

_初めからスケーターに育てようと思ったんですか?

 

全く考えてないです。たまたまですね。

 

_末っ子の哲偉瑠(テイル)4歳)くんの「テイル」はスケートボードのテールから?

 

いや、実はみんな全くスケートをやらせるつもりはなかったんです、だけどサナ、コトネ、アオリの頭文字を取ってみると…SKAになるんですよ、それでテイルが生まれて名前どうしようかってなった時にSKAってきたらもうTEしかないだろって(笑)じゃあ5人目はもう考えられないから4人目でTEつけちゃおうって。

 

_狙ってないのにそうなるなんて、もうスケート一家になる運命ですね!

 

なんかそんな感じに思っちゃいましたね(笑)

 

_子育てに関して“西村家の特徴”ってありますか?

 

うちがスケートを始めた時は「春日美夢」とか「瀬尻稜」とか既にトッププロがアメージング(現・ムラサキパーク東京)に来てて、その時に稜くん家の育て方をマネして“常に反復練習”、もう泣こうがなんだろうがとにかく出来るまでやるっていう。

 

まぁ、そこまで徹底出来なかったですけども。諦めるのはすごい嫌なんでスケートに関係なく何に対しても諦めないでやっていくというのは小さい時から教えてました。

 

あと、学校の先生に何言われてもいいから自分のやりたい事をやれって言ってきて。だから学校とは常に対立してきてて(笑)

 

でも今はオリンピックの件があってから学校サイドはコロっと手の平を返してきて、「ほら見たか」って感じですね(笑)散々スケートをバカにしてきた先生たちも、もう何も言えなくなりましたね。校長先生も「碧莉さんの好きなようにやって下さい」みたいな。

 

まぁ、子育てで自慢できるような事は無いですけどね。

 

_ところで詞音さんの怪我の状態は?

この記事が気に入ったらいいね!しよう

放送作家 小嶋勝美
この記事を書いた人

放送作家 小嶋勝美

"お笑い芸人としてライブ・舞台・イベントなどの出演経験を経て現在は放送作家しても活動。  実績・「だけど食堂」、「マツコの知らない世界」、「裸の王様」など。 スケートボードを趣味としており、スケート歴は10年以上になる。関東各地のパーク・ストリートスポットやスケート情報などに精通している。"

放送作家 小嶋勝美が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop