【可愛くてキュン死】我が家の猫さまを自慢せよ「猫目ヂカラ王選手権」始まる!

2018/02/22
マガジンサミット編集部

猫の瞳はとても強くて魅力的。

特に、何かを欲しがる時の“目ヂカラ”は強いもの。おやつやエサなどをねだる瞳には「くれないなら、なにかしちゃうぞ…」的な迫力があります。

甘えながら“おねだり”する瞳も破壊力抜群ですが、物陰からじーぃ…と見つめてくる「家政婦は見た!」的な視線も猫独特の雰囲気があり、あらがえない面白さがあります。マイペースな性格でありながら表情をくるくると変える猫に人間は癒されっぱなしですね。

そんな猫の目ヂカラをたっぷり堪能できちゃうキャンペーン「猫目ヂカラ王選手権」が2月22日の「猫の日」から始まります。これは、キャットフードブランドのシーバ®(マース ジャパン リミテッド)が「愛猫の目ヂカラからは逃れられない…」と感じた愛猫の表情をひろく募集するもの。

愛猫の目ヂカラ写真を、TwitterまたはInstagramに投稿して応募すると、特に目ヂカラが印象的な48匹が選ばれ、2018年3月19日~4月8日までの期間に予定されている「シーバ® ニャイ眠術師」キャンペーンのウェブ広告に出演する権利を得ることができます。さらにおねだりしてくる愛猫も喜ぶ「シーバ®豪華おねだりセット」もプレゼントされます。

ちなみに4月8日は4日(シー)8日(バ)の日。さらにシーバにちなんで48匹の猫が選ばれ広告に!

募集期間は、2018年2月22日の10:00~2018年3月4日の23:59 まで。愛猫の目ヂカラを感じた瞬間を撮影し、専用ハッシュタグをつけて写真を投稿し@sheba_mejikaraをフォローすればエントリーが完了します。まるで催眠術をかけているような、いちど見たら目が離せない愛猫の“目ヂカラ”を激写して、我が家のネコ自慢をしちゃいましょう!

出典 https://mejikara.sheba.jp/ 

一般社団法人ペットフード協会によると、昨年末に発表された全国の犬と猫の推計飼育数において、猫が953万匹(前年比2.3%増)に対し犬は892万匹(同4.7%減)と1994年の調査開始以来、初めて猫が犬を上回ったそう。

日本は、空前の猫ブームのようですが、なかでもうちのニャンコの目ヂカラが世界一!と思う飼い主の皆様!愛猫がウェブ広告デビューする日も近いかも? 2月22日からの特設サイトオープンをお見逃しなく。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マガジンサミット編集部
この記事を書いた人

マガジンサミット編集部

編集部のTwitterアカウントはこちら 【マガサミ編集部Twitter】 【マガサミ矢嶋Twitter】 【マガサミ儀保Twitter】   編集部のYoutubeアカウントはこちら 【マガサミYoutube】

マガジンサミット編集部が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

pagetop