マリー・アントワネットも感激!ベルばら&中央クリニックの異色コラボ『ベルサイユの医師』がトレンド入りの大反響

2021/04/02
佐藤 勇馬

美容医療を提供する中央クリニックグループ(美容外科・美容皮膚科)と名作マンガ「ベルサイユのばら」(池田理代子・著)のコラボ企画「美容医療で叶える!華麗なるエイジングケア」プロジェクトが3月より実施され、その一環として制作されたスペシャルムービー『ベルサイユの医師』が公開後まもなくTwitterでトレンドワード入りするなど、大きな反響を呼んでいる。

プロジェクト特設サイト:https://chuoh-barairo.jp/

同ムービーは、『ベルサイユのばら』の主要キャラクターであるオスカル、アンドレ、フェルゼンの3人が、ドクター役(※)として白衣姿で登場。いつまでも若々しくありたいと願う王妃マリー・アントワネットを、美容医療の観点から華麗にサポートするという内容になっている。

※イメージキャラクターです。

公開後、Twitterでは「ベルサイユのばらがトレンド入りしてるっていうので思わずチェック。ほほう、オスカル様たちがドクターに」「ヤバい!オスカル、アンドレ、フェルゼンまでDr.‼️この美容クリニック行きたい!」「何事かと思ったら!私の担当はアンドレがいいな…」といったコメントが多数寄せられている。

さらに「フェルゼンとロザリーとばあやがいた!だいたいコラボってなった時はオスカルとアントワネット様とアンドレくらいしか出ないのに……!」といった声もあり、ファンのツボを突いた企画内容で話題を集めているようだ。

中央クリニックグループの広報担当者は「今回の『ベルサイユのばら』とのコラボでは、Twitterのトレンド入りをはじめ、たくさんの方々からの反響をいただき、大変嬉しく思っております。このプロジェクトを通じて『中央クリニックグループ』が提供する美容医療に対し、少しでも親しみを感じていただけたら、ありがたいと思います。今後も患者様に喜んでいただけるよう、スタッフ一同、心を込めて診療していきたいと存じます」と、トレンド入りの快挙についてコメントしている。

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

佐藤 勇馬
この記事を書いた人

佐藤 勇馬

新宿・大久保在住のフリーライター。個人ニュースサイト運営中の2004年ごろに商業誌にスカウトされて以来、芸能、事件、ネットの話題、サブカル、漫画、プロレスなど幅広い分野で記事や書籍を執筆。著書に「ケータイ廃人」(データハウス)「新潟あるある」(TOブックス)など。 Twitter:ローリングクレイドル

佐藤 勇馬が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞
    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop