おいみんな!新しい大泉洋が見られるぞ!しかもパニックになったらしい!口から登場だ

2021/03/04
石井隼人

崖っぷち出版社で巻き起こる、クセモノだらけの仁義なき騙し合いバトルを描く『騙し絵の牙』(3月26日公開)がついに完成!3月3日には都内で“騙し合いバトル開幕式”が行われ、主演の大泉洋、共演の松岡茉優、宮沢氷魚、池田エライザ、木村佳乃、斎藤工、國村隼、佐藤浩市、そして吉田大八監督が参加した。

会場に吊るされたのは、微笑を浮かべる大泉の顔が大写しにされた縦11メートル×横10メートルの巨大看板。口元に書かれた「大逆転始めましょうか。」という文字が剥がされた場所から、大泉をはじめとするキャスト陣&吉田監督が登場となった。

自身の巨大な口からの登場となった大泉は「相当に派手な趣向でやっていただき嬉しい」と大喜びかと思いきや「これだけ大きな自分の顔の口からの登場って…う~ん、あんまり気持ちのいいものじゃない」と天邪鬼毒舌!?煌びやかなキャノン砲も発射されて「こんな大がかりなイベントをやっていただき、まるでワールドカップで優勝したみたい」と派手やかな開幕式に微笑を浮かべていた。

カルチャー雑誌「トリニティ」編集長・速水輝役の大泉は「ものすごく豪華なスゴイ映画での主演…と考えると怖くなるので、自分では主演だとか座長だとかは考えていませんでした。座長だなんて…どうぞご勝手に!もはや妖怪大戦争状態」と豪華キャスト陣に囲まれての大役にプレッシャー。それでも「主演なので皆さんとほぼ芝居で絡めたのが楽しかった。皆さんのお芝居を見るだけでも楽しい映画です」と演技合戦をアピールした。

速水の部下で新人編集者・高野恵役の松岡は「編集会議のシーンではどのように雰囲気を出せばいいのか悩んだけれど、大泉さんが『劇団トリニティだ!』と編集部仲間でのセリフ合わせをしてくれた。そのおかげでいい雰囲気が出せました」と大泉の計らいに感謝。すると大泉は「それはね、私のセリフが怪しかったので、その確認をしたかっただけ。松岡さんはその話を必ずするけれど、もはや嫌味だと私は思っています」と照れ隠しの口撃だった。

映画の内容にちなんで「崖っぷちを乗り越えた」エピソードをそれぞれが披露。大泉は「この撮影の時は常に崖っぷち。吉田監督から全然OKが出ない。10回くらいやる。そこに佐藤浩市さんみたいな妖怪レベルの怖い人がいるからパニックになる。常に崖っぷちでした。OKと言われた瞬間、フーッ!となる。これだけの俳優さんを集めてどんな神経をしてるのか…。でもそれによって団結力も強まった」と吉田監督の妥協を許さぬ粘りの洗礼を受けたという。

松岡が「演技が大泉洋さんっぽいからNGというのもありましたよね」と打ち明けると、大泉は「原作小説は私のあてがきですよ!」と不満噴出も「私の映画の中では一番私らしくなくて新しい。結局は吉田監督に感謝です」と新境地開拓の手応えを得ていた。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

石井隼人
この記事を書いた人

石井隼人

映画好きエンタメ系フリーライター。「来るもの拒まず平身低頭崖っぷち」を座右の銘に、映画・音楽・芸能・テレビ番組などジャンル選ばず取材の日々。ありがたいことに映画作品のパンフレット執筆、オフィシャルライター&カメラマンを拝命されたり、舞台挨拶の司会をしたり…何でもやります!

石井隼人が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

洗車姿も美しすぎるとか何事!?車好き・マギーがセクシーつなぎ姿で愛車をガチ洗車

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞
    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop