長澤まさみ、コロナ禍のせいで超久々の登壇!おうち時間で「いつもより丁寧に」作ったものとは?

2020/06/16
石井隼人

お待たせいたしました、お待たせし過ぎたかもしれません。女優・長澤まさみ様久々の公の場で御座います。それは6月15日に都内で行われた映画『MOTHER マザー』(7月3日公開)完成披露イベントでのこと。

主演の長澤は開口一番「久しぶりの公の場ということで、とても嬉しい気持ちです」と喜び爆発。新型コロナウイルス感染拡大の影響から、エンターテインメントに関わる様々なイベントが自粛されてきたが「映画が公開できると聞いてとても嬉しかったです。『今年は無理かも』と思っていたし、たくさんの人に待ってもらっているのを実感していた作品だったので、映画館も再開していますし、ご自身の体調を気にしながら、できれば映画館にぜひ観に行ってほしいです」と気遣いつつ再開への期待を込めた。

ステイホーム期間の過ごし方については「映画を観たり、ドラマを観たり、料理もしましたし、わりとみなさんと変わらないかなと思います。いつもより丁寧に料理をつくってましたね」と充実したおうち時間を明かした。

本作は実在の事件をベースにした作品で、社会の闇に堕ちるハードな役どころを演じた。長澤は「本作のタイトルは『MOTHER マザー』ですが、母から受けた影響ってとても大きいなと感じたところがありまして。脚本を読んで親の子供への影響や責任に関して考えさせられ、この役をぜひ演じてみたいと思いました」と心境吐露。

阿部サダヲとの共演には「いつか共演してみたいと思っていたので、夢が叶いました。阿部さんはなんでもできるスーパーマンだと思っている」とニッコリ。16歳の奥平大兼からは初対面の長澤について「すごく顔が小さくて、びっくりするぐらい可愛いので、すごく緊張しちゃって。でも2回目から緊張しないようにすごく頑張りました!」とメロメロ発言があった。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

石井隼人
この記事を書いた人

石井隼人

映画好きエンタメ系フリーライター。「来るもの拒まず平身低頭崖っぷち」を座右の銘に、映画・音楽・芸能・テレビ番組などジャンル選ばず取材の日々。ありがたいことに映画作品のパンフレット執筆、オフィシャルライター&カメラマンを拝命されたり、舞台挨拶の司会をしたり…何でもやります!

石井隼人が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop