羽生結弦選手の凱旋パレードを完全レポート。雑誌「AERA」創刊30周年記念号

2018/05/01
マガジンサミット編集部

平昌オリンピックで金メダルを獲得した、フィギアスケートの羽生結弦選手が、5月7日発売の雑誌「AERA」に登場しました。雑誌「AERA」は5月7日(月)発売の5月14日増大号で、創刊30周年を迎え、その記念号では、羽生結弦選手の仙台での凱旋パレードを完全レポートしています。

同誌では、10万人超のファンがつめかけた羽生選手の凱旋パレードを大特集。1.1キロのパレードで羽生選手が見せた、満面の笑みや平昌五輪フリープログラム「SEIMEI」の決めポーズなどを撮り下ろし写真満載で掲載しています。パレード後の記者会見の一問一答もたっぷり収録。羽生選手の肉声から、人柄や地元への思いが伝わってきます。

また、この号の大特集「男と女、その先へ」では、「AERA」が30年間「女性」をテーマにどう報じてきたかを振り返ります。#Me Tooが社会現象となり、財務次官のセクハラが大問題になる中、改めて「女性」のいまを考えます。また、水原希子さんの巻頭の独占インタビューでは、男女の違いを超えて「自分」であることの大事さを語っています。

そして、同号の表紙は写真家・蜷川実花さんがこれまでに撮影した99の「AERA」の表紙を一挙に並べた表紙に。さらに、中面のカラーページでも蜷川さんの表紙をじっくり楽しめます。

羽生結弦選手が登場する「AERA」は5月7日(月)発売です。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マガジンサミット編集部
この記事を書いた人

マガジンサミット編集部

マガジンサミット編集部

マガジンサミット編集部が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

pagetop