干支の置物の代わりに来年は干支の絵本を部屋に飾って置く

2017/12/05
N田 N昌

先日、伊勢神宮で干支の「木彫り犬」の箱詰め作業が着々と進んでいるというニュースを目にしました。もう、そういう季節がやってまいりました。みなさまは、干支の置物を部屋に飾ったりされておりますでしょうか?

 

木彫りの置物も素敵ですが、干支の絵本を飾るというのはいかがでしょうか?小生も密かに「干支の絵本を毎年部屋に飾ろう!」運動を今年から開始いたしました。ちなみに、置物より絵本の方が良いというメリットとしては

 

・干支の生き物を扱った絵本は多数あるので、気に入った絵(表紙)を選ぶことができる。部屋にアートな表紙の絵本を飾っているとオシャレな気分を味わえる

・たまに読むことができる。短い時間で読めて、癒し系であれば癒されることもできる。寝る前の癒しグッズとしても大活躍でございます

・年が明けても、絵本として翌年以降も楽しめる。

 

いかがでしょうか。是非、来年は干支である「犬」の絵本をお部屋に…。そこで今回は、来年の“お飾り干支絵本”としておススメの絵本をご紹介いたします。 まずは、こちら。

 

 

絵本好きの方には「いまさらかよ?」「カエルもいますけど…」と言われそうですが、あえてご紹介させて頂きます。なぜなら、この本の魅力が繰り返し楽しめるところだからでございます。あまりいい言葉ではありませんが「中毒」になってしまうのでございます。ご存じの方も多いと思いますが、こちらの絵本、とても細かいところまで丁寧に描かれております。細かいところまでこだわって描かれております。

 

それゆえに、何度も見たはずのページでも「あっ!こんなところに…」みたいな発見がございます。読むたびに発見があるのでございます。そして、なにより表紙がおしゃれでインテリアにもぴったりでございます。シリーズで5冊出ておりますので、自分の好きなものを選ぶことも可能でございます。

 

そしてもう一冊

 

「げんきにわんわん」(作・絵:五味 太郎)  

 

こちらは、人気作「きんぎょがにげた」が切手にもなる絵本界の巨匠、五味太郎様の「干支セトラ絵本」シリーズのなかの一冊“犬”編でございます。さすが、これまでに400冊近くの絵本を出版、うち50タイトル以上が国外で翻訳、20か国以上で出版されている五味様でございます。十二支全部の絵本を出されております。ちなみに、こちらも大人が楽しめるアート絵本でございます。

 

ちなみに、この絵本の背表紙の五味様のメッセージも素敵でございます。

「とおくにいるのが いいのです。とおくでみているのが いいのです。ちょっと ほかのことをしているのがいいのです。ときどき きにしているのが いいのです。・・・」

ここから先は、書店等でご確認くださいませ。

 

この他にも犬が主人公の絵本はたくさんございます。いろいろ読まれて気に入った1冊を“お飾り干支絵本”として、来年お部屋に飾るのはいかがでございましょう。「干支の絵本を毎年部屋に飾ろう!委員会」の会員も募集中です(笑)。

(文:N田N昌)

この記事が気に入ったらいいね!しよう

N田 N昌
この記事を書いた人

N田 N昌

放送作家・ナンセンス絵本マニア 「有田とマツコと男と女」「レゴニンジャゴー(アニメ)」 「天才テレビくんMAX」「小島慶子のオールナイトニッポンGOLD」 など、テレビ・ラジオ番組の構成脚本を担当。
pagetop