カリフォルニアで行われたスケートボードコンテスト『VANS PARK SERIES』で中村貴咲が復活優勝!

2018/08/06
放送作家 小嶋勝美

アメリカ・カリフォルニアにて現地時間8月3日から4日に行われたVANS PARK SERIES 2018プロツアーで中村貴咲が膝の怪我を乗り越え見事復活優勝!

Instagramより @kisanakamuraa

VANS PARK SERIESはスケートボード・パークのコンテストで世界最大規模の大会となっており、プロツアーで好成績をあげると10月26日から27日にかけて中国で行われるワールドチャンピオンシップへの切符を手に入れることができる。

今大会5位だった四十住さくらも今年6月、ブラジル・サンパウロで行われた同大会で優勝しており、日本人選手によるワールドチャンピオンシップでの活躍が期待される。

中村貴咲は6月のVANS PARK SERIESブラジル大会の際に負った膝の怪我を克服し今回、見事復活優勝を果たした。

他にも日本人選手では、手塚まみ、小川希花が参戦したが残念ながらセミファイナルで敗退となった。

VANS PARK SERIES ハンティントンビーチ・女子リザルト

Instagramより @vansparkseries

1位 KISA NAKAMURA -88.23

2位 JORDYN BARRATT -86.93

3位 BRIGHTON ZEUNER -85.07

4位 BRYCE WETTSTEIN 84.00

5位 SAKURA YOSOZUMI -83.00

6位 LIZZIE ARMANTO -76.03

7位 POPPY STARR OLSEN -73.17

8位 NORA VASCONCELLOS -70.07

中村貴咲優勝のラン

ハートの強さが爪痕を残す

Instagramより @vansparkseries

中村貴咲選手の強みの一つに“どんなシーンでも物怖じしないハートの強さ”がある。

過去にフジテレビ・ジャンクSPORTSでの出演を観た人ならわかると思うが、ダウンタウンの浜田さん相手に少しも物怖じする事なく、自身のキャラをぶっこんでくるその様は「何か爪痕を残す!」という気持ちがヒシヒシと伝わってくる放送回だった。

彼女はX GAMESの女子パークでもアジア人初の優勝を飾るなど、様々な結果を残しており、今後もいろんな意味で爪痕を残していってくれるにちがいない。

 

筆者・小嶋 勝美

スケートボードを趣味としており、ライターとしてスケートボード関連の記事を執筆。

約10年間芸人として活動後、現在は放送作家としても活動中。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

放送作家 小嶋勝美
この記事を書いた人

放送作家 小嶋勝美

"お笑い芸人としてライブ・舞台・イベントなどの出演経験を経て現在は放送作家しても活動。  実績・「だけど食堂」、「マツコの知らない世界」、「裸の王様」など。 スケートボードを趣味としており、スケート歴は10年以上になる。関東各地のパーク・ストリートスポットやスケート情報などに精通している。"

放送作家 小嶋勝美が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

pagetop