DEW Tour堀米雄斗優勝!&World Cup Skateboarding池田大亮優勝!

2018/07/02
放送作家 小嶋勝美

7月1日にカリフォルニア州ロングビーチで行われた世界中のトッププロが集まるスケートボードコンテストDew Tourにて、堀米雄斗が見事優勝!!さらに6月29日〜7月1日にチェコ・プラハで行われたWorld Cup Skateboarding Mystic SK8 Cupで池田大亮が優勝。同大会で白井空良がベストトリック賞を受賞し、世界で日本人スケーターが大活躍した1日となった。

Dew Tourに出場した堀米雄斗はストリート種目、予選を1位で通過し決勝でも優勝。今年5月に行われたストリートリーグ・ロンドン大会での優勝に続き、高いスキルを披露した。堀米は今月7日にストリートリーグ・ロサンゼルス大会を控えており、こちらも期待が高まっている。

同じくDew Tour女子ストリートに出場し、怪我からの復帰後初のコンテストとなった西村碧莉は8位。女子パーク種目に出場した四十住さくらは7位に終わった。

DEW Tour MEN'S Streetリザルト

Instagramより @planbofficial

1位 堀米 雄斗 – 91.00

2位 Jagger Eaton – 88.69

3位 Kelvin Hoefler – 88.00

4位 Ryan Decenzo – 87.33

5位 Chaz Ortiz – 84.66

6位 Vincent Milou – 84.33

7位 Chase Webb – 76.66

8位 Dashawn Jordan – 73.00

World Cup Skateboarding Mystic SK8 Cupリザルト

Instagramより @wcs_worldcupskateboarding

1位 池田 大亮

2位 Jake Ilardi

3位 Matias Dell Olio

ベストトリック 白井 空良

世界中で活躍する日本人スケーターたち

今回、堀米雄斗と池田大亮のW優勝という嬉しいニュースになった。

他にも西村碧莉や四十住さくらもDew Tourに出場するなど、日本人スケーターが世界のコンテストに登場するのが当たり前になってきており、最近急激に世界との差が縮まっているように感じる。

スケートボードの大会では、日本代表という考え方はない。国籍は関係なくスキルが認められたスケーターだけが参加出来るコンテストであり、そこに国対国という考え方もない。彼らはサムライジャパンではなく、あくまで一スケーターとして認められている。

スケートボードに国境はない。

筆者 小嶋 勝美

スケートボードを趣味としており、ライターとしてスケートボード関連の記事を執筆。約10年間芸人として活動後、現在は放送作家としても活動中。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

放送作家 小嶋勝美
この記事を書いた人

放送作家 小嶋勝美

"お笑い芸人としてライブ・舞台・イベントなどの出演経験を経て現在は放送作家しても活動。  実績・「だけど食堂」、「マツコの知らない世界」、「裸の王様」など。 スケートボードを趣味としており、スケート歴は10年以上になる。関東各地のパーク・ストリートスポットやスケート情報などに精通している。"

放送作家 小嶋勝美が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

pagetop