酷暑にオススメ!部屋に居ながらにして世界中の風を感じられる本とは…

2018/09/06
N田 N昌

暑い!とにかく暑い今年の夏でございます。

外には絶対出たくない!クーラーのきいた部屋で1秒でも長く、1度でも涼しく過ごしたい…そんな毎日でございます。さらに世間的には夏休みシーズン。とはいえ、なかなか海外旅行なんて…でございます。

そこで今回は、読んでいるだけ見ているだけで涼しくなる、世界各地の風を感じられるアートブックをご紹介いたします。そんな都合のいい本あるのかとお思いでしょうが、あるのでございます。

内容のご説明の前にあえて申しますが、ご自身で涼まれるのはもちろん、プレゼントに最適でございます。女性同士で、彼女に、女友達に…、貴方様の評価が上がること間違いナッシングな一冊でございます。

そもそも、この本を知ったのは、先日聴いていたオシャレラジオ局J-WAVEの人気番組「GOOD NEIGHBORS」でございました。その日のテーマは「行く旅、行かない旅」。ゲスト出演されていたブックディレクターの幅允孝様が、その中で選書されていたのが、こちらの本でございました。

「窓から見える世界の風」(著:福島あずさ イラスト:nakaban 出版社: 創元社)

こちらは、「翻訳できない世界のことば」「誰も知らない世界のことわざ」「なくなりそうな世界のことば」などが話題の「世界を旅するイラストブックシリーズ」の1冊でございます。知的好奇心、アート心、両方を満たしてくれる大人のオシャレ良書でございます。

どんな本かというと、目に見えないはずの“風”を言葉と絵で感じさせてくれる本でございます。文章を読んで、その隣に描かれている挿絵を見ると、その場所に吹いているだろう風が感じられるのでございます。それも、世界各国の風でございます。

たとえば、どんな風かというと、アラビア海の商人たちに、船出の季節を告げる風「エレファンタ」、こちらはインドの風。ギリシア艦隊に勝利をもたらし、歴史を変えた風「エテジアン」、こちらはギリシア、トルコの風。日本(愛媛県)の風では、川を流れくだる目で見ることのできる風「肘川あらし」などがエントリーしております。

出版社の内容紹介には、このように書かれております。

それぞれの土地で、それぞれの窓に舞い込む、50の風の便り。地球上では地域によって様々な風が吹き、その土地の気候や風土を形作っている。ある風は恵みの雨をもたらすが、またある風は人間の生活の脅威となる。そして人々は親愛や畏敬の念を込め、古くから風に様々な名前をつけてきた。本書では気象学者である著者が世界の50の風を集め、画家nakabanの絵と散文と一緒に紹介・解説する。旅するようにページをめくり、その土地の空気や、そこに暮らす人々に想いを馳せてみて下さい。と…。

著者の福島様は、まえがきでこうも語っていらっしゃいます。名前が付けけられているということは、その風と、そこに住む人々の生活や文化との間に、なんらかの関わりがあるということ。本来ならば目には見えない風も、そこに住む人々の営みを通じ、具体的に描き出すことができる。と…。

そんな福島さんの風の解説が左ページにあり、その隣の右ページには人気画家のnakaban様の挿絵が描かれております。この絵がとにかく秀逸なのでございます。ほんとに、その風が吹いてくるのでございます。吹いているかのように感じてしまうのでございます。

ぜひ、この感覚を体験して頂きたいのでございます。

また、福島様の文章もゴイスーでございます。気象学者ならではの情報が知的好奇心を満たし、なおかつポエジーな部分もあり、そのバランスが秀逸なのでございます。

まさに、大人の知的好奇心を満足させてくれるアートな体感系“風図鑑”でございます。是非、涼しいお部屋で世界各地の風をご堪能くださいませ。

(文:N田N昌)

この記事が気に入ったらいいね!しよう

N田 N昌
この記事を書いた人

N田 N昌

放送作家・ナンセンス絵本マニア 「有田とマツコと男と女」「レゴニンジャゴー(アニメ)」 「天才テレビくんMAX」「小島慶子のオールナイトニッポンGOLD」 など、テレビ・ラジオ番組の構成脚本を担当。

N田 N昌が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop