羽生結弦が新宿に出現!? “立ったまま”西川羽毛ふとんに入ってみた

2019/11/30
高城つかさ

 冷たい風が頬をかすめる11月末、新宿に“立ったまま”羽毛ふとんに入れるイベントがあると聞き、駆けつけてみました。

イベントを開催したのは、マットレスやふとんを販売している西川株式会社。今年10月からはフィギュアスケーター・羽生結弦選手を起用した『西川羽毛ふとん キャンペーン』がはじまり、注目を集めています。

このキャンペーンに合わせて期間限定で開催された本イベントでは、西川プレミアム羽毛ふとんに入った写真をTwitter(※公開アカウントのみ)で投稿すると、写真をその場で印刷してプレゼントしてもらえるだけでなく、西川のフェイスタオルやミニタオルが当たる巨大ガチャガチャに挑戦することができます。

当日、新宿駅メトロプロムナードの壁面に現れたのは、本物の“羽毛掛けふとん”。ベッドの写真のうえに被さるようにフックで留められていました。スタッフさんに自分のスマートフォンを渡し、壁面のベッドに身体を合わせて羽毛ふとんに包まれて、写真を撮ってもらいます。

写真を撮ってもらったあと、その場でTwitterの公開アカウントにて「#西川ダウン」とハッシュタグをつけて写真を投稿。現地に置いてある機械「SNSnap」に投稿が反映されると、すぐに写真をプリントアウトし、羽生結弦選手がプリントされた台紙に貼ってくれました。Twitterでアップした写真がそのまま印刷されるので、プリントアウトしてもらいたい写真を投稿しましょう。

さらに、写真とともに渡されたコインを使えば巨大ガチャガチャにも挑戦可能! 190cmも高さのある巨大ガチャガチャにコインを入れると、カプセルのなかに包まれたミニタオルが出てきました。青紫色や白色など、さまざまな色・種類があるので、友達同士や家族でわいわい楽しみながら引いてもいいですね。

ふとんには海島綿に加え、軽量で柔らかい綿100%のサテン生地を使用しているそう。羽毛掛けふとんは重さがあまりないのにも関わらずふっくらとしていて、すぐに身体が温まりました。表面はさらさらしているため、触り心地も気持ちよく、ずっと触っていたいほどでした。

素材からこだわって寝具を作っている西川だからこその“立ったまま”羽毛ふとんに入れるイベントは、2019年11月30日(土)・12月1日(日)には東京メトロ丸ノ内線新宿駅メトロプロムナードにて、7日(土)・8日(日)には大阪・阪急梅田駅 BIGMAN前広場にて開催されます。

羽生結弦さんが起用されている『西川羽毛ふとんキャンペーン』は、12月13日(金)まで。期間中に西川の羽毛掛けふとんを購入した方のなかから数量限定で、羽生選手のオリジナル羽毛ひざ掛けをプレゼントします。さらに、羽生選手オリジナルQUOカードが抽選で108名様に当たるプレゼント企画も開催。寒さがより強くなる前に、このキャンペーンを利用してゲットしたいです。

移動や乗り換えのあいだにふらっと立ち寄れる、新宿メトロプロムナード。身も心も温まるこのイベントに参加して、ぜひ巨大ガチャガチャにもチャレンジしてみてくださいね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

高城つかさ
この記事を書いた人

高城つかさ

1998年生まれのフリーライター&フォトグラファー。おもにエンタメ・旅に関する記事を執筆中。2.5次元作品情報サイト『2.5news』内にて企画・構成・インタビューを担当している #イケメンコレクション を連載中。その他『バスとりっぷ』『旅モニ』『SAGOJO』など。映画館巡りと読書がすき。【Twitter】 【instagram】

高城つかさが書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop