浅川梨奈 主演の新感覚ジャパニーズホラーがヤバい理由/映画『黒い乙女 Q』(5月31日公開)

2019/05/30
マガジンサミット 儀保

日本が世界に誇るジャパニーズホラー(通称Jホラー)。Jホラーの火付け役であり代表作である映画『リング』から21年。今年は中田秀夫監督による「リング」シリーズ復活作『貞子』が公開。そんな中、“新感覚ジャパニーズホラー”と銘打たれた作品が公開となります。それが、連続公開される映画『黒い乙女 Q』(5月31日公開)と『黒い乙女 A』(8月16日公開)の二部作。

一体、どんな映画化と思って、観てみたら思った以上に飛んでもない映画でした!!

 

新感覚オリジナルホラー!!

映画『黒い乙女』二部作のメガホンを取ったのは、ピエール騒動に巻き込まれながら東映の英断により、手を加えずに公開された『麻雀放浪記2020』の脚本を担当した佐藤佐吉 監督。佐藤監督と言えば、衝撃と共にシネフィルたちに頭を抱えさせ、第56回カンヌ国際映画祭の監督週間に正式出品された映画『極道恐怖大劇場 牛頭 GOZU』(03 年/三池崇史監督)の脚本や、NHK放送とは思えない摩訶不思議な演出で乱歩の世界観を再構築した「シリーズ江戸川乱歩短編集」の監督を務めた奇才。そんな佐藤監督が新感覚オリジナルホラーにチャレンジ!!

主演は、今年1月にアイドルグループ(SUPER☆GiRLS)を卒業し、今年だけでも映画『血まみれスケバンチェーンソーRED』『クロガラス 2』『としまえん』等、出演作品は既に5本超えと、女優活動を本格始動中の浅川梨奈。本作では、幸薄なヒロインに挑戦!!

 

伏線まみれのストーリー!!

本作は、孤児院で育った主人公(浅川梨奈)が優しい夫婦に引き取られる所からスタート。家へ招かれると、その夫婦の家にはもう一人の少女(北香那)が。彼女も孤児院育ちで、この夫婦に引き取られたとの話。最初はギクシャクしていたものの、漫画の趣味や同じライブTシャツを持っていたり、誕生日まで一緒と発覚。急速に仲良くなっていく訳です。所が、その夫婦には“ある秘密”が!!

 

ヤバい人たち!!

冒頭、ヒロインの浅川梨奈のサイコパス風味な描写を入れて、ヤバめなヒロインが幸せ一家を崩壊させる系ホラーかとミスリード。実は、この時点でトラップは発動されていました。物語が進むにつれ、一家のヤバさがスパーク。浅川梨奈がどんどん翻弄されていきます!!

裕福な夫婦の表層的で嘘臭いアットホームっぷりや様子がおかし過ぎる孤児院のシスター……などなど、我々の常識を遥かにフライングした人物が大量投入!!中でも、中華鍋を叩きながら「出てけー!!人殺しー!!」と叫び続ける隣人の迷惑おばさんが恐怖!! 演じるのは、芸人「メープル超合金」の安藤なつ。ただただ怪演です!!

 

ジャンル無双!!

ミステリーであり、サバイバルホラーでもあり、サスペンスでもあるというジャンル無双っぷり。主人公にしか見えていない様子の怪しい人たち、入ってはいけないと言われた蔵、先に一家にいた少女の松葉づえを使っている理由など、上げだしたらきりのない謎まみれなストーリー。情報を小出しにしつつ、ラストには思わず困惑していまう衝撃しかないクライマックスへなだれ込んでいきます!! 勿論、一本の作品としても完結していて楽しめるものの、次作でどのような展開を見せるのか気になり、もう『Q』を観終わったと同時に早く回答編とも言われる映画『黒い乙女 A』が観たくて仕方い欲求に憑りつかれること請合いです。

映画『黒い乙女 Q』は5月31日(金)、『黒い乙女 A』は8月16日(金)よりシネマート新宿ほかにて連続公開となります。

映画『黒い乙女 Q』/『黒い乙女 A』

出演:浅川梨奈

北 香那 和田聰宏 三津谷葉子 松嶋亮太 しゅはまはるみ 村松 利史

安藤なつ(メイプル超合金) 笹野鈴々音

脚本・監督:佐藤佐吉

製作総指揮:吉田尚剛 製作:永森裕二 プロデューサー:飯塚達介/向井達矢

ラインプロデューサー:尾関 玄 キャスティング:伊藤尚哉

音楽:遠藤浩二 撮影:栗田東治郎 照明:田中安奈 美術:坂本 朗 録音:高島良太 衣裳:杉本京加

ヘアメイク:唐澤知子 音響効果:小山秀雄 編集:難波智佳子 助監督:近藤俊明

制作担当:中村 元 スタントコーディネート:出口正義 特殊造形:松井祐一 VFX:井上英樹

主題歌:「イショロガニム」作詞・作曲:坂本英三 歌:大沼あさひfeat.坂本和弥(AMG MUSIC)

製作•配給:AMGエンタテインメント 制作プロダクション:ラインバック

(C)2019AMGエンタテインメント

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マガジンサミット 儀保
この記事を書いた人

マガジンサミット 儀保

表の顔はディレクター兼カメラマン。実は、年間700本の映画を観賞する映画好き。どんな作品でもオススメのポイントをピックアップ。映画好きから、普段、あまり映画を見ない方にも、幅広い映画の楽しみポイントをご提供できればと日々邁進中? 映画関連tweetも日々、更新してます @yungibo

マガジンサミット 儀保が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop