骨折大丈夫!?間宮祥太朗が松葉杖での登場だ!

2019/11/18
石井隼人

俳優の間宮祥太朗と女優の桜井日奈子が15日、都内で行われた映画『殺さない彼と死なない彼女』の初日舞台挨拶に恒松祐里、堀田真由、箭内夢菜、ゆうたろう、小林啓一監督と参加。間宮は松葉杖を使用して登場し、骨折したことを明かした。

間宮は「まず初めにスイマセン。ちょっと…足を折ってしまいまして。見苦しい形で登壇してスイマセン。ただそれだけです」と骨折したことを告白。会場から驚きの声が上がる中で「心配してもらうことじゃないんで。足を折ったということは一回忘れていただいて映画のことを。でも『殺さない彼と死なない彼女…折れてる僕』ですけど」と照れつつジョークにしていた。

そんな間宮は、試写会の段階で本作が“ナミダ率91%”と話題になっていることに触れて「91%は凄い。泣くほど感情が高ぶったというのは嬉しい」と喜びつつ「泣いていない人も自信を持ってください」と笑わせた。感動を呼ぶ理由については「原作そのものが持つ力。それを映画脚本に仕上げた監督の力。それに画も綺麗。ファーストカットを観たときに、いい映画という予感がありました。自然光でこだわった撮影の綺麗さも後押ししています」と分析。鹿野なな役の桜井は「間宮さんの言う通りで、自然光を使っているので光加減が日常と似ている。なので作品の世界観に入りやすい」と画の美しさを絶賛していた。

「撮影中のハプニング」という出題では、間宮が「イカ焼きがポロッととれるシーンはハプニングです。でもそれを活かしながら芝居を続けていたら採用された」と裏話を紹介。桜井は「真夜中のショッピングモールでの撮影で。イカの匂いが苦手だったので、本番一発OKで嬉しかった」と肩をすぼめていた。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

石井隼人
この記事を書いた人

石井隼人

映画好きエンタメ系フリーライター。「来るもの拒まず平身低頭崖っぷち」を座右の銘に、映画・音楽・芸能・テレビ番組などジャンル選ばず取材の日々。ありがたいことに映画作品のパンフレット執筆、オフィシャルライター&カメラマンを拝命されたり、舞台挨拶の司会をしたり…何でもやります!

石井隼人が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop