“むっつりスケベの童貞”だけど…イケメン本人は「めちゃくちゃヤッてますよ」

2019/07/30
石井隼人

それはWOWOWで放送中の「アフロ田中」(深夜12:00)のトークイベントでのこと。白石隼也、石田雄介監督、のりつけ雅春、松尾諭が参加した。

のりつけ雅春による累計585万部突破の大人気コミックを連続ドラマ化。賀来賢人演じるアフロ頭の主人公・田中のゆるい日常や青春の機微を独自のセンスで描く。

むっつりスケベの童貞サファーという役柄の白石は「最初は冗談かと思った。これまではイケメン俳優のど真ん中の路線だったので、周囲からは『色気が出ちゃうよ』と言われたりして不安だった」と童貞役挑戦にビビっていた。

しかし原作者・のりつけからは「見たらめちゃくちゃ童貞ぽかった。役者さんって凄い」と絶賛で、白石は「今までにやったことない役なので、僕のファンも喜んでくれていると思う。放送日に実家に帰ったら、オヤジが笑いながらドラマを観ていた。親世代も楽しんでもらえている」と手応え大の様子だった。

頭髪を自分史上最短にして童貞に扮したという白石は、撮影中に賀来をはじめとした共演者から「本当に童貞でしょ?」というイジリを受けたそうだ。それに対して白石の答えは「いや、めちゃくちゃヤッてますよ」の大ぶっちゃけ。もちろんジョークでの返答だが、それを真に受けた共演の渡辺えりからは「そういうことを言ってはダメ」とややシリアス口調で注意されてしまったそうだ。

また主演の賀来は、ビデオレターを寄せて「本当に和気あいあいと撮影をしておりまして、その楽しい雰囲気が存分に芝居に出ていると思います。最高に楽しいドラマになっている」とアピールした。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

石井隼人
この記事を書いた人

石井隼人

映画好きエンタメ系フリーライター。「来るもの拒まず平身低頭崖っぷち」を座右の銘に、映画・音楽・芸能・テレビ番組などジャンル選ばず取材の日々。ありがたいことに映画作品のパンフレット執筆、オフィシャルライター&カメラマンを拝命されたり、舞台挨拶の司会をしたり…何でもやります!

石井隼人が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop