川栄李奈の夫・廣瀬智紀、主演映画シリーズ20本化計画をぶち上げる

2019/07/22
石井隼人

それは20日に都内で行われた、映画『探偵は、今夜も憂鬱な夢を見る。2』の完成披露試写会でのこと。女優・川栄李奈の夫で俳優の廣瀬智紀と小越勇輝が参加したゾ!

まずは小越が廣瀬の印象を語るゾ!「相変わらずの素晴らしさ。マイペースな中に和むような感じもあって、でもちゃんと心に熱いものがある。本人を目の前にして『ここがいい』とか言うのは照れ臭い」とテレッテレ。

それには廣瀬も同感。「この質問、もうワンターンくらいでいいですか?お互い褒めちゃうからね」とテレッテレ。でもでも「演じる中に芯があったら、その人の仕事のやり方、価値観をリスペクトできる。そういう方と一緒にできるとこちらもクリエイティブな気持ちになる。そう思わせてくれる潜在能力が凄い。さすがの一言」と小越に返礼していたゾ!

また廣瀬は「運動神経がいい」と小越を褒めて「殺陣をやるのが初めてとは思えないくらい、ベテラン感が凄かった」とスジの良さ絶賛。これに小越は「中学の時にバスケをしていたから。でも覚えが悪いので殺陣は必死で。カメラが回る寸前まで隅っこで練習していました。これからも殺陣をどんどんやっていきたい」と意気軒高じゃった。

本作が『探夢』の第2弾。再びの主演に廣瀬は「前作を始めた時点で、自分にとって大切な作品になりました。主演をやって主題歌も歌わせてもらって、そんな貴重な経験は今後も数少ないと思う」と思い入れを語り「2、3、4とシリーズを続けたいという意思しかない。シリーズ20を目指して頑張る」と意気込み。しかしその大胆過ぎる長寿化宣言に会場内のファンがどよめくと「…言い過ぎました。9で!」とキュート野郎だっ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

石井隼人
この記事を書いた人

石井隼人

映画好きエンタメ系フリーライター。「来るもの拒まず平身低頭崖っぷち」を座右の銘に、映画・音楽・芸能・テレビ番組などジャンル選ばず取材の日々。ありがたいことに映画作品のパンフレット執筆、オフィシャルライター&カメラマンを拝命されたり、舞台挨拶の司会をしたり…何でもやります!

石井隼人が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop