僕らのサブカルアクトレス・二階堂ふみ、梅雨が明けたのにジメジメ女子自称

2019/07/26
石井隼人

不世出の作家・太宰治による名著「人間失格」の誕生秘話を、太宰自身と彼を愛した3人の女たちの目線から、事実をもとにしたフィクションとして初めて映画化する『人間失格 太宰治と3人の女たち』(9月13日公開)。そのジャパンプレミアが25日、東京・有楽町の丸の内ピカデリーで行われ、主演の小栗旬、共演の沢尻エリカ、二階堂ふみ、成田凌、そして蜷川実花監督が出席した。

蜷川監督からの熱烈オファー叶っての起用に、天才作家・太宰治役の小栗は「嬉しかった」と素直な心境を吐露し「出来上がった脚本を読んだら大変そうだったけれど、これをやらなかったら役者としてどうなの?と思うくらいの脚本だった。参加して良かったし、楽しかった」と回想。

ただ3人の女性との間で苦悩する役どころでもあり「楽しい半分、しんどい半分。沢尻さんとは素敵なラブストーリーをやらせてもらい、ふみちゃんとはドロドロした時間を過ごした」と微笑しつつも、本妻との家族団らんシーンでは「太宰はたくさんの人を裏切っていくので、精神的にしんどくなっていって、家族と一緒にいるシーンでは二人の子供が可愛くて…。『お父さん出かけて来るね』と自宅を出ていくときは心が痛くなった。しんどかった」と役を通して精神的なダメージを受けているようだった。

太宰最後の女・富栄役の二階堂は「ジメジメしていたかなぁと思う」と重い系女子役を自称しつつ「でも旬さんが圧倒的で、現場に現れただけでその場の空気が変わるような存在感があった」と小栗の成り切りぶりと座長ぶりを賞嘆。若手編集者・佐倉潤一役の成田は「太宰を尊敬すると同時に大軽蔑するという両極端な気持ちを持ちながら、太宰を支えていくという役柄」とキャラクター説明。「撮影中は小栗さんが目の前に立ったらそこに飛び込むだけだったので、気が楽でしたね」と小栗に全幅の信頼を寄せていた。

一方の蜷川監督は、太宰の正妻・美知子を演じた宮沢りえについて「りえちゃんが現場に入るとその場の空気が変わる。家庭のシーンで子供たちの力をフィルムに焼き付けてくれた手腕が凄くて圧倒的でした。次も必ずご一緒したい」と早くもラブコールを送っていた。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

石井隼人
この記事を書いた人

石井隼人

映画好きエンタメ系フリーライター。「来るもの拒まず平身低頭崖っぷち」を座右の銘に、映画・音楽・芸能・テレビ番組などジャンル選ばず取材の日々。ありがたいことに映画作品のパンフレット執筆、オフィシャルライター&カメラマンを拝命されたり、舞台挨拶の司会をしたり…何でもやります!

石井隼人が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop