池田エライザ、『貞子』最新作で新世代絶叫クイーンに!

2019/02/08
マガジンサミット編集部

ホラー映画『リング』シリーズの最新作『貞子』が5月24日に公開されることが決定し、池田エライザが主演、中田秀夫が監督を務めることが発表された。

1998年に公開された『リング』は中田が監督を務め、鈴木光司の原作小説を基に「観た者が1週間後に呪い殺される」という呪いのビデオの恐怖を描いたホラーとして大ヒット。以降も『リング2』『リング0 バースデイ』『貞子3D』『貞子vs伽椰子』など新作が制作され、劇中に登場する怨霊「貞子」は日本を代表するホラーアイコンとして認識されるほどになっている。

その「貞子」の名をタイトルにした本作は、鈴木氏の小説「タイド」を原作に“恐怖の原点”を描くというストーリー。池田は「自宅が火災に見舞われ、一切の記憶を失くして保護された少女」を担当することになった心理カウンセラーを演じ、少女の身の回りで奇妙な出来事が起こり始めたことで恐怖の物語が幕を開ける。

池田は「日本にとどまらず世界に衝撃を与えた作品に携わることへの喜びとともに『貞子』というタイトルを私が背負っていいものか不安な気持ちになりました」と当初は作品の大きさに不安を感じたことを吐露しながらも、本作の怖さについて「生唾を飲んで、身を硬直させ、冷や汗をかき……最後にはそこが映画館である。ということに安堵していただける……のかな。保証はできませんが、1つ言えるのはこの映画、容赦ないです」とコメントした。

また、中田監督は「ヒロイン、池田エライザさんには、弱きものを思う優しさと貞子に立ち向かう逞しさを喜怒哀楽十二分に表現してもらった。新時代のスクリーミング・ヒロイン誕生だと自負している」と、池田の演技力に太鼓判を押している。

実は、2週間ほど前から第1弾映像となる超特報が劇場とWebで限定公開されていた。場面は不気味な洞窟。水滴の音が緊張感を駆り立てる中、突如念写される頭の集合体と、髪の長い女…。最後には「きっと来る」という耳なじみのあるフレーズがゴスペル調で響き、最新作への期待を高めてくれる内容となっている。

 

池田エライザが主演を務める『リング』シリーズ最新作『貞子』は5月24日公開予定です。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マガジンサミット編集部
この記事を書いた人

マガジンサミット編集部

編集部のTwitterアカウントはこちら 【マガサミ編集部Twitter】 【マガサミ矢嶋Twitter】 【マガサミ儀保Twitter】   編集部のYoutubeアカウントはこちら 【マガサミYoutube】

マガジンサミット編集部が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

pagetop