社長自らシソの被り物!25周年『鍛高譚』。爆笑必至の新作動画公開

2017/05/15
マガジンサミット編集部

しそ焼酎『鍛高譚』の発売25周年を記念して、動画サイト限定で新CM動画が公開されました。

 

『鍛高譚』といえば“シソ”を使用した珍しい焼酎としてお馴染みのブランド。北海道は白糠町(しらぬかちょう)産の赤シソと、大雪山系を望む旭川の水を仕込んだ香りが良く口あたり爽やかな焼酎として人気です。

 

 

新作動画ではリズミカルなダンスで『鍛高譚』をPR。『鍛高譚』(タン・タカ・タン)という、そもそも印象的なネーミングを活かすコミカルなダンス動画は、いろいろな意味でびっくりな内容なんです。

 

動画の舞台は、会社帰りのサラリーマンたちが集う居酒屋らしき場所。店員さんが「はい、鍛高譚、お待たせしました」とボトルをテーブルに置くと、突然、照明が暗転……

 

 

テーブルにいた会社員たちが「タン!タカ!タン!♪」のダンスミュージックに合わせて、華麗なタップダンスやテーブルを使ったダンスを披露します。

 

 

いちど聞いたら耳から離れないダンスミュージックは、2016年に大ヒットのRADIO FISH『PERFECT HUMAN』の作編曲を手がけ一躍話題となったJUVENILE(ジュブナイル)氏のもの。

 

 

さらに、25周年のメモリアルイヤーとあってか“オチ”には西永裕司社長が“シソ”の被り物を身に着けて登場! 同社のPR動画などで見かけたことのある西永社長ですが、さすがにキモカワイイ?“シソ”姿には度肝をぬかれます。

 

 

たびたび、面白PR動画を配信するオエノングループ(オエノンホールディング株式会社)。最近では、グラビアアイドルの岸明日香さんとキュートな柴犬が活躍する『鍛高譚・柴犬vs忍者 かくれんぼ』篇や、漫画家の蛭子能収とムダに熱い?内藤大助演技が光る(イラっとする)『こんな上司は飲みニケーション禁止』の啓発動画などが話題になりました。

 

オエノングループは、オエノンホールディングス株式会社を中心に、チューハイ、ワイン、製菓用洋酒など幅広く取り扱う会社。ちなみに、創業者の神谷伝兵衛は1880年に日本初のバーと言われる『みかはや銘酒店』(後の神谷バー)を東京・浅草に開いた方。昭和を代表するお酒“電気ブラン”の生みの親でもあります。

 

※鍛高譚公式サイト http://www.oenon.jp/tantakatan/

 

新作動画『たんたかダンス』篇(15秒)は、5月15日よりYouTubeなどで配信。『鍛高譚』サイトでも見ることができます。

 

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マガジンサミット編集部
この記事を書いた人

マガジンサミット編集部

マガジンサミット編集部

マガジンサミット編集部が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

pagetop