浅田真央が“第二の故郷”新潟で稲刈りに初挑戦!可憐な歌声も披露!

2018/10/05
マガジンサミット編集部

フィギュアスケート元世界女王の浅田真央さんが、10月1日より放送されている新 TVCM「新潟米コシヒカリ 収穫篇」に登場しました!CMでは浅田さんが稲刈りに初挑戦。そして「また 新潟に来ました♪」と可憐な歌声も披露しています!

昨年に引き続き、「新潟米コシヒカリ」の CM キャラクターを務める浅田さん。今年 5 月には新潟でもアイスショーを行い、すっかり新潟が“第二の故郷”に。今回のCM は、浅田さんが 1 年ぶりに新潟の農家の皆さんに再会し、初めての稲刈りと収穫を行います。

農家の皆さんは浅田さんを「おかえりー!」と温かく迎え、稲刈りを教えながら一緒に稲を収穫。また、CM中の歌は浅田さん本人が歌っており、お米のCMにピッタリの素朴でやさしい楽曲になっています。

CMのストーリー

CMは浅田さんが自転車に乗り、新潟の農家を訪れる所からスタート。「また新潟に来ました。今年もお米に会いたくて♪」と浅田さんが歌う歌がBGMとして流れ、新潟の広大な山や畑の風景も映し出されます。

農家の人たちに「おかえりー!」と手を振って迎えられる浅田さん。稲刈りを教わり、自分で稲を刈る事ができると「おおー!」と感嘆の声が。初めて行った稲刈りに感動している様子です。

次は刈った稲を束にすることに挑戦。最初は難しそうだったこの作業もすぐにできるように。「できた!」と嬉しそうに手を叩き、束にした稲をひとまとめに。

そして農家の人の「おつかれさま」の声で作業は一旦休憩。慣れない作業に疲れていたのか、「はぁー」と息をつく浅田さん。疲れていても顔は清々しい笑顔です。休憩ではおにぎりを農家の人達と、とても美味しそうに食べています。「ことしもおいしいんだから。」のキャッチコピーと共に写るお米はとても美味しそうで、見ている方も食べたくなってきてしまします。

浅田真央さんが新潟の農家を訪れ、楽しそうに稲刈りを初体験し、お米も美味しそうに食べる「新潟米コシヒカリ」の CMでした。

浅田真央

浅田真央さんは愛知県名古屋市出身の現在28歳。元フィギュアスケート選手として活躍し、2010 年にはバンクーバーオリンピックで銀メダル獲得。2008 年、2010 年、2014 年世界選手権優勝。四大陸選手権優勝 3 回など、輝かしい成績を残しています。バンクーバーオリンピックでは、女子シングル史上初めて、1 つの競技会中に 3 度の 3 回転アクセルを成功させ、ギネスに認定。姉は同じく元フィギュアスケート選手の浅田舞さん。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マガジンサミット編集部
この記事を書いた人

マガジンサミット編集部

編集部のTwitterアカウントはこちら 【マガサミ編集部Twitter】 【マガサミ矢嶋Twitter】 【マガサミ儀保Twitter】   編集部のYoutubeアカウントはこちら 【マガサミYoutube】

マガジンサミット編集部が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

pagetop