日本はW杯の「帝王」になれるのか!藤田ニコル、川栄李奈、吉谷彩子が勝ち馬ではなくW杯を大胆予想!

2018/06/28
マガジンサミット編集部

なんなんだ!藤田ニコルとかいうモデル・タレント!

なんなんだ!川栄李奈とかいう女優!

なんなんだ!吉谷彩子とかいう女優!

 

めっっっちゃかわいいじゃないか!!!!!

6月27日、トィンクルレース(ナイター競馬)を開催している東京シティ競馬(TCK・大井競馬場)で、上半期最高峰のレースとなる帝王賞が開催。トークイベントに2018TCKイメージキャラクター藤田ニコルさん、川栄李奈さん、吉谷彩子さんが登壇しました。

総じて3人のかわいさが強烈に脳みそに残るベントでした。なんなら筆者は心の中で1億回くらい「かわいい…」と呟いてた。

これを読んだらあなたも1回は「かわいい…」と呟くことでしょう。

イベントの様子がかわいい

みなさんこんばんわー!と3人が挨拶すると、観客たちから大声援が!

誰かがにこるーん!と叫べばまた違うところでにこるーん!また違うところではりっちゃーん!りっちゃーん!もう、新手のやまびこ状態。

そして特筆すべきはこれでしょう。強風。横殴りの風。美女3人の髪も乱れまくり。

風が一番強く当たる位置にいた川栄は特に風に悪戦苦闘を強いられていました。

が、そんな中でも懸命に笑顔でトークをする健気さに胸キュン…。こんなに髪乱れてるのに可愛いってどういうこと…。

慰め合いがかわいい

27日のレースには、「藤田ニコルがイッテクル賞」「川栄李奈がヤッテクル賞」「吉谷彩子がアイニクル賞」というイメージキャラクターの3人の名前が入ったレースが登場!

川栄は自分の名前が入ったレースを買ったといい、「9月26日が誕生日なので9-2-6で…ダメでした(笑)でも記念にとっておきます(笑)」とはにかみ笑顔。

藤田は母がニコルの名前にかけて2-5-6と買ったそうだが、やはりダメだったそうで、川栄と2人で「記念にね!そう、記念に!うん!」と慰め合っていました。

親孝行と罪な女がかわいい

プライベートで競馬場いくなら誰と来たいかと問われると、吉谷は一度プライベートで来たことがあるらしく、その時と同じように会社の人と行きたい!と回答。藤田は「今日お母さんが来てたけど一人でかわいそうだったから次は一緒に行きたい!20歳になったし、ビールとかお酒飲みながらごはん食べながら楽しみたいと思います」と親孝行エピソード全開。いい子すぎて涙がでて前が見えない…。

川栄は一人で来たいそうで、「最前列を陣取ってるおじさんとかに、どの馬がいいかアドバイスもらいながらやりたいですね!」と意気込み。最前列陣取ってる競馬ファンかつ川栄ファンのおじさんたちは明日から「もしかしたらりっちゃん(川栄の愛称)から声かけられるかもしれない」というレースの勝敗以外にもそわそわしなきゃならないなんて…川栄、なんて罪な女なんだ…。

仕事人の顔がかわ…かっこいい

上半期最高峰のレースである帝王賞にかけて、自身の上半期がどうだったか聞かれると吉川は「こうしてTCKをやらせてもらえてありがたいことですし、後半戦ももっともっと盛り上がりますので、みなさん楽しんでいただけたらと思います…なんか一人で締めコメントしちゃった笑」とはにかみスマイル。

藤田は「上半期絶好調ですね!年々自分の最高潮になっていくというか…お仕事面でもやりたいことも出来てるし、今人生で一番いい年ですね。常に。幅広くお仕事できてるのが嬉しいです。」とコメント。

川栄は「私もありがたいことにお仕事を頂いて…今はもう仕事マンなんで、若いうちはたくさん働いて、頑張りたいと思います。」と回答すると藤田も吉谷もすかさず「わかる。」と真剣顔で同意。3人とも、今は最前線で活躍しているが、若いうちから芸能の仕事に身を投じて苦労と努力を重ねてきてたからこそ今があるのだなあ、と痛感。吉谷△、藤田△、川栄△という気持ちを禁じ得ない瞬間だった…。(※△は「さんカッケー!」とお読みください)

競馬のイベントでW杯の予想しちゃうところがかわいい

ちなみにW杯について聞かれると…

吉谷はサッカーが大好きだそうで、日本戦以外も全て見ているとのこと。6月28日の日本対ポーランド戦は「2−1で勝ちます日本は!進みます!」と予想していました。

藤田は28日から海外に行ってしまうが、「ネットでも観れるのでツイッターで盛り上がろうと思います」とコメント。

川栄は「勝つとおもいます…勝ってほしい!ん〜…1−0で!でもこればっかりは私たちは応援するしかできないので、(代表の)皆さん頑張ってください!」とエールを送っていました。

帝王賞はもう終わってしまいましたが、W杯はまだ間に合います!!!

今日6月28日23時キックオフ!吉谷・川栄の予想が当たっているか刮目しようではありませんか!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マガジンサミット編集部
この記事を書いた人

マガジンサミット編集部

編集部のTwitterアカウントはこちら 【マガサミ編集部Twitter】 【マガサミ矢嶋Twitter】 【マガサミ儀保Twitter】   編集部のYoutubeアカウントはこちら 【マガサミYoutube】

マガジンサミット編集部が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

pagetop