元乃木坂46の伊藤万理華、令和初の強制バンジージャンプだ!

2019/05/07
石井隼人

それは3日に都内で行われた劇場版『映画 賭ケグルイ』初日舞台挨拶でのこと。主演の浜辺美波、共演の高杉真宙、森川葵、池田エライザ、福原遥、伊藤万理華、松田るか、英勉監督が登壇したゾ!

役作りのために短髪にした伊藤だが「撮影前日にビジュアルを決めて髪の毛も切ったりしていたので、テンパっていたと思う。ただ役自体も周りが見えずにテンパっている役柄だったので、テンパりつつ必死にやりました」と告白。

これに驚いたのは森川で「そんなにテンパっているようには見えず」とビックリ。伊藤が「マジです」と念を押すと「だったらすごい。本当に役にしか見えなかったから。騙されていく姿を見ていて胸が痛くなったくらい」と熱演大絶賛だった。

さらに伊藤は「賭け狂っていくところなんて、監禁されていますから。改めて完成した映画を見てショックな気持ちになった。縛られているシーンも、リアルを出すためにあえて痛くしました」と女優魂大炸裂の報告だった。

舞台は、ギャンブルの強さがすべての私立百花王学園。リスクを負うことに快感を覚える“賭ケグルイ”の転校生・蛇喰夢子(浜辺)が、学園を支配する生徒会が送り込む百戦練磨の刺客(ギャンブラー)たちと様々なギャンブルで死闘を繰り広げる。

5月1日から新時代・令和に突入したことにちなんで、平成生まれのキャスト陣には「新時代に賭けたい勝負&新時代に挑戦したいこと」というお題が出された。元乃木坂46の伊藤は「グループ時代は代表者がバンジージャンプとかスカイダイビングなどでヒット祈願をしていた。私は応援する側として参加できなかったので、何かの代表になって飛んでみたい」と驚きの願望。

この伊藤の発言に対して「今から予約すればできるよ?」(池田)、「映画の大ヒットにかけてやってほしい」(森川)、「宣伝部員が今からバンジーのネット予約をする」(英監督)と煽り立てられる展開となり、伊藤は「そういう機会があるなら…。令和時代は長いし…」とタジタジで「監督からは撮影現場でもこうやって追いつめられていました」と笑わせたゾ!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

石井隼人
この記事を書いた人

石井隼人

映画好きエンタメ系フリーライター。「来るもの拒まず平身低頭崖っぷち」を座右の銘に、映画・音楽・芸能・テレビ番組などジャンル選ばず取材の日々。ありがたいことに映画作品のパンフレット執筆、オフィシャルライター&カメラマンを拝命されたり、舞台挨拶の司会をしたり…何でもやります!

石井隼人が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop