乃木坂46・齋藤飛鳥、台湾で自身初の始球式に登場!投球の結果は…?

2018/08/16
マガジンサミット編集部

乃木坂46・齋藤飛鳥さんが、8月15日(水)に台湾プロ野球のLamigoモンキーズvs統一ライオンズ戦で、自身初となる始球式に登場しました!

齋藤さんは10月5日公開の映画「あの頃、君を追いかけた」でヒロイン役を務めることからこの始球式に登場。「あの頃、君を追いかけた」は2011年に台湾で放映され、観客200万人を動員する大ヒットを記録。今年日本でリメイクされ、齋藤さんはヒロイン役で登場。オリジナル版の舞台である台湾で始球式を務める運びとなりました。

始球式では映画の衣装である制服に野球のユニフォームを羽織って始球式のマウンドに登場。野茂英雄投手のトルネード投法をまねた投球フォームで投球を行い、ワンバウンドでキャッチャーまでボールを届かせました。

齋藤さんは始球式を行ったことについて「(ライブよりも)断然こっち(始球式)の方が緊張しました。慣れないし、そもそも始球式が初めてだっていうのもあるし、あと野球ファンの皆さんにも失礼がないようにしなければっていうのは思ってました。」とコメント。

また、投球については「投げた感じは、あんまり良くなかったのかなと思ったんですけど、いまさっき動画を見せていただいたら、思ったよりは飛んでいたので、それはよかったなあと。あと野茂英雄さんのマネをしたんですけど、それができたので満足です。」とコメントしました。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マガジンサミット編集部
この記事を書いた人

マガジンサミット編集部

マガジンサミット編集部

マガジンサミット編集部が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

pagetop