イケメン俳優の大野拓朗、美女からのお・ね・だ・りに応えるも「体が痒い」

2018/03/13
石井隼人

台湾ロケを敢行した映画『台湾より愛をこめて』(3月24日公開)の完成報告会見が12日都内で行われ、主演の大野拓朗、共演の落合モトキ、岡本夏美、三原慧悟監督が参加した。

売れないお笑い芸人・雄介役の大野は「撮影は短い期間で行われましたが、どうすれば面白くなるか、寝る間を惜しんで毎晩考えました。現場では色々な案を出して、観客の皆さんを一生懸命に楽しませようと、台湾に感謝を伝えようと思いながらの撮影でした。だからこそ公開も待ち遠しい」と主演映画公開に期待。雄介たちが台湾で出会う夢追う少女メイ役の岡本も「台湾の温かさもそうだし、いつになっても夢を追うのは素敵だと感じられる作品になった」とアピールした。

そんな中、お笑い芸人役の大野へ岡本が「凄い面白いギャグがるんです!毎回笑ってしまった」といきなりの無茶ぶり。大野は「これはやらなきゃダメでしょう!」と場を盛り上げるために、“ジャンケンからの仲良し”という内容の一発ギャグを全力披露し、一応はウケを取ったものの「なんかここら辺が痒い!」と脇腹辺りをかきむしっていた。

そんな大野に三原監督は「大野さんは気遣いのできるイケメン。本来ならばこちらが気を遣わなければいけないのに、大野さんの方から気を使ってくれて、疲れた顔も嫌な顔もしない。素敵なリーダーだった」と太鼓判。岡本も「凄くカッコいい…お兄さんだと思った」と褒めちぎり。

当の大野は「主役を務めさせてもらえるのは幸せなこと。引っ張りたいというタイプではなく、どちらかといえばみんなの背中を後ろから押したいタイプ。自分が率先して楽しむことで楽しい現場になるものだから」と座長としてクールに締め括った。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

石井隼人
この記事を書いた人

石井隼人

映画好きエンタメ系フリーライター。「来るもの拒まず平身低頭崖っぷち」を座右の銘に、映画・音楽・芸能・テレビ番組などジャンル選ばず取材の日々。ありがたいことに映画作品のパンフレット執筆、オフィシャルライター&カメラマンを拝命されたり、舞台挨拶の司会をしたり…何でもやります!

石井隼人が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop