中谷美紀、三島由紀夫代表作「黒蜥蜴」で新境地。怪しすぎる美貌見せる!

2018/01/09
マガジンサミット編集部

女優の中谷美紀が出演する舞台「黒蜥蜴」が1月9日より東京の日生劇場で開幕する。公開前日の8日、日生劇場にて公開ゲネプロが行われた。

「黒蜥蜴」は、三島由紀夫が残した代表作。「美」に執着する女盗賊“黒蜥蜴”と名探偵“明智小五郎”が繰り広げる耽美と闇の世界だ。

演出は 、日本でも 『テレーズ・ラカン』や 『ナイン』 、『ETERNALCHIKAMATSU』など、数多くの作品を手掛けている英国人演出家・デヴィッド・ルヴォー。主演の女盗賊“黒蜥蜴”役に中谷美紀、探偵“明智小五郎”役に井上芳雄の他、黒蜥蜴の部下“雨宮”役に成河、さらに相楽樹や朝海ひかる、たかお鷹らが名を連ねた。

純粋な美に生きる女盗賊“黒蜥蜴”と好敵手であり、運命の恋人である探偵・明智小五郎との愛と勝負の行方を描くグロテスク・ビューティーな世界は見所だ!

公開にあたり中谷美紀は、「ルヴォーさん主催の演劇学校に、出演料を頂戴して通わせて頂いたような、充実したお稽古を経て、いよいよ初日を迎えることになり、少々緊張しておりますが、「一字一句誤りのない完璧なセリフで感情がこもっていないよりも、物語を生き、感情の発露によって多少セリフが乱れても、後者の演劇を見たいと思う。もちろんだからと言って、台詞をないがしろにしていいという訳ではないけれど」とおっしゃったルヴォーさんの言葉を信じて、井上芳雄さんをはじめとする共演者の皆さんの言葉に耳を傾け、表情を見逃さず、心とこことの対話を最も大切に演じたいと思います。」と意気込みを語った。

本作についても「高尚なものと低俗なもの、喜劇と悲劇、美しいものと醜いもの、愛と憎しみ、エロスとタナトス、相反する2つの世界が混じり合い、拮抗し合う三島ワールドをぜひご覧いただきたいです。」とアピールした。

東京公演は日生劇場にて1月9日から28日まで、大阪公演は梅田芸術劇場メインホールにて2月1日から5日まで上演される。

 

「黒蜥蜴」

原作:江戸川乱歩

脚本:三島由紀夫

演出:デヴィッド・ルヴォー

<公開スケジュール>

【東京公演】2018年1月9日(火)〜28日(日)日生劇場

【大阪公演】2018年2月1日(木)〜5日(月)梅田芸術劇場メインホール

<出演者>

中谷美紀

井上芳雄

 

相楽樹

朝海ひかる

たかお鷹

 

成河

(以下50音順)

一倉千夏、内堀律子、岡本温子、加藤貴彦、ケイン鈴木、鈴木陽丈、滝沢花野、長尾哲平、萩原悠、松澤匠、真瀬はるか、三永武明、宮菜穂子、村井成仁、安福毅、山田由梨、吉田悟郎

ダンサー:小松詩乃、松尾望

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マガジンサミット編集部
この記事を書いた人

マガジンサミット編集部

編集部のTwitterアカウントはこちら 【マガサミ編集部Twitter】 【マガサミ矢嶋Twitter】 【マガサミ儀保Twitter】   編集部のYoutubeアカウントはこちら 【マガサミYoutube】

マガジンサミット編集部が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

pagetop